作成者別アーカイブ: 柳珠美

虫の声はお好きですか?

19275162_1199837423478336_1474984890897966421_n
千葉県の八千代市秀明大学前でケーキ屋のマダム柳珠美です
本職はヴァンドゥーズ(菓子販売員)ですが、パティシェール(女性の菓子職人)が夢だったのでクッキー作りなどもしています。小さな街からフランス菓子の美味しさと魅力、そしてマダムの日常をお届けします

【2017・9・11Vol17】

最近、日本人でよかったなぁと思う

発見がありました

秋も近づき、夕暮れになると

聞こえてくる虫達の声。

このあたりは、田畑も近く

情緒を満喫できる環境!なので

そんな季節の味わいを

身近に感じることができます

その虫の声、

日本人特有の聞こえ方をしている

ということを、つい最近知りました

ほとんどの外国人には

この虫の声を雑音、音楽音として捉えて

いて心地よい音という認識はないそうです

それに対して日本人は

母音、泣き・笑い・嘆き、

虫や動物の鳴き声、波、風、雨の音、

小川のせせらぎ、邦楽器音などは

言語と同じ左脳で聞くそう。

これらを、心地よい音として

捉えることができるのは

日本人として世界に誇れる

感性だそうです。

虫の声が雑音、、、

逆に想像できませんが

その声が心地良く

スッと心の中に入ってくる

そんな体感ができるということは

不思議でもあり、有難くもあり。

当然だと思っていたことも

知る機会があると

不思議とまた、感じ方が違ってくるものですね

「知る」ことは

人生を豊かにしてくれる。

そんなことを思いつつ

今日も日本人でよかった~と言いながら

新米は旨い!と味わい、

ゆるり~~~と湯船につかりたいと思います♪

お店では、ようやく季節もかわり

今日から生チョコクリームデコレーションも

再開しましたよ~

こちらもどうぞよろしくお願いします♪

121212121318803_n

さて、本日もお読みいただき

ありがとうございました

タマミィーユFBはこちらから↓
タマミィーユFBページ
マダムのツィッターはこちらから↓
Follow @tamamille

よろしければフォローよろしくお願いします♪

まだまだ知らないお菓子の世界

19275162_1199837423478336_1474984890897966421_n
千葉県の八千代市秀明大学前でケーキ屋のマダム柳珠美です
本職はヴァンドゥーズ(菓子販売員)ですが、パティシェール(女性の菓子職人)が夢だったのでクッキー作りなどもしています。小さな街からフランス菓子の美味しさと魅力、そしてマダムの日常をお届けします

【2017・9・5Vol16】

私も時に携わるクッキー作りのお話。

「マーブレ」というバニラとココア

のクッキーがあります。ご存知ですか?

そう、これです↓
21231775_1265541713574573_2039602029743926521_n
大理石(マーブル)から、マーブル模様を

イメージして作ったクッキーなのですが、

これは、元々ぐるぐる模様の

ぺろぺろキャンディー柄で作っていました

まずバニラ、ココア2種のクッキー生地を

それぞれ四角く伸ばし、重ねて

すまきの要領でぐるぐると巻いていきます

そのあと断面を1cm幅でカットして

焼くという工程です。

ただこのやり方だと夏場の暑い時期に

室温の上がる厨房で作業が難しい!

そこで、今のマーブル柄のクッキーが

定番となりました。

マーブル柄は生地を伸ばしていくという

工程がないので、作業性がよいのです

焼く前はこんな感じです↓↓
21369639_1265541740241237_7990492416301586219_n

でも、

でも、

不思議なことに

そのぐるぐるキャンディー柄、

今のマーブル柄と

同じ材料、配合のはずなのに

なぜか風味がかわるんです!

口にいれた時の生地の交ざり具合が

微妙に違うからなのか

私だけ?

と思いきや、そのまた2種のクッキーを

食べたことのある友人も

同じことを言っていました。

不思議や不思議。

そして

今だにその謎は解明されず。

お菓子に携わって二十数年になりますが

まだまだ知らないことばかりです

奥が深い!

だからこそ、面白楽しいんですよね~

これからまだ知らないこと、

知らない味に出会えるのも

また楽しみです♪

このナゾが解明されたら

また皆さんにもご報告しますね♪

この「マーブレ」美しいマーブル模様

を描くのがなかなか難しく

習い始めた当初は、ムッシュSに

「牛柄みたいだ!」とダメだしされたものです。

牛柄だと、また味わいが違ったりして、、、、

でも今では見違えるほどに!

経験て素晴らしい!!

しばらくぶりに、また仕込んでみたくなりました~♪

さて、本日もお読みいただき

ありがとうございました

タマミィーユFBはこちらから↓
タマミィーユFBページ
マダムのツィッターはこちらから↓
Follow @tamamille

よろしければフォローよろしくお願いします♪

 

朝寝坊派?早起き派?

19275162_1199837423478336_1474984890897966421_n
千葉県の八千代市秀明大学前でケーキ屋のマダム柳珠美です
本職はヴァンドゥーズ(菓子販売員)ですが、パティシェール(女性の菓子職人)が夢だったのでクッキー作りなどもしています。小さな街からフランス菓子の美味しさと魅力、そしてマダムの日常をお届けします

【2017・8・25Vol15】

私事ですが

息子は特大がつく朝寝坊派。

今、平日は毎日同じ所へと通っていますが

この5日間だけは

どーーーーしても起きられない!

脳から体への指令がうまく

伝達していない様子で

目は覚めているけれど

体が言うことを聞かないんでしょうね~

とはいえ、送り出す私(母)としては

なんとしても遅刻させない為に

朝からバトルです!

構わなければ、それはそれで

本当に起きないので仕方なくー。

親子ともに、爽やかとは程遠い

朝食となりイライラモードの毎日。

前日に遡り、寝る前には

「明日また行かなくちゃいけない」

「朝起きるのつらいなぁ」

きっとそんなことが頭をよぎり

よぎり

よぎり

そんな時は意地になって

テレビを遅くまで見ていたり、

結局寝る時間も遅くなるという

悪循環。

ですが、週末は一転

早起き!

特にイベントごとがない時でも

ラジオ体操の時間には起きて

6時半から体操しているんです!

どこかにお出掛けの予定がある時

などは、それはそれは

段違いの早さで・・・

なので、ここで根本的に起きられない

訳ではないということが証明

されているワケです

 

さてさて、そんな毎日ではありますが

今日は爽やかに

目覚ましセットの時間に起きられました!

原因を考えてみると

①前日の夜、音楽を聞きながら

心地良い時間を過ごした。

②彼が落ち着く環境(冷房をつける)にした

③明後日は休みなので、明日行けば休める!

ということを理解した

要するに、

寝る前に心を落ち着け、

気持ちの落ち着いた

穏やかな状態で眠りにつき、

次の日のことは

プラス思考で考えることができた

という私(母)の考察。

勿論、そんな成功した朝は

気分もスッキリ、

朝食をゆっくり食べる時間もあり

よし行ってきます!という気持ちの中

見送ることができました~♪

まぁ、これを習慣にする

というのが最大の課題ではありますが。

子供のことで分析をしてみましたが

これ、大人でも(私自身でも)参考に

なるかなぁと

失敗例の原因を見極めることも

大事ではありますが

成功したときに、

何が、よかったのか?

それによってプラスになったことは?

この事を考えるほうが

以外と近道だったり。

 

どちらにしても

穏やかな気持ちで心の準備をし、

プラス思考で物事を考える

これは、どんなときにでも

きっと言えることですよね

見かけは大人になり

母親となった私ですが

色々な経験、子育てを通して

まだまだ知ること

教えてもらうこと

沢山あるのだなぁと思った今日この頃。

どんな経験も無駄ではないと

そんな心の余白をもって

過ごせていけたらと思っています♪

本日もお読みいただき

ありがとうございました

タマミィーユFBはこちらから↓
タマミィーユFBページ
マダムのツィッターはこちらから↓
Follow @tamamille

よろしければフォローよろしくお願いします♪

 

 

 

食いしんぼうマダムの誕生日=タルトの日

19275162_1199837423478336_1474984890897966421_n
千葉県の八千代市秀明大学前でケーキ屋のマダム柳珠美です
本職はヴァンドゥーズ(菓子販売員)ですが、パティシェール(女性の菓子職人)が夢だったのでクッキー作りなどもしています。小さな街からフランス菓子の美味しさと魅力、そしてマダムの日常をお届けします

【2017・8・12Vol14】

いつも誕生日が近づくころになると

今年はどんなタルトを作ってもらおうかなぁ

とあれやこれやと考えはじめます

ケーキ屋マダムなので、

誕生日に特製ケーキを作って

もらうという嬉しい特権はあるのですが

ケーキというよりはいつも「タルト」

というカテゴリーで

考えてしまうほど、大のタルト好きです♥

お店をスタートしてから20年ほどになりますが

思い返してみても

あれ?やっぱり、ずーーーーっとタルトでしたね

そういえば、十数年前に行ったフランス旅行

体調を崩してしまい、具合が悪い中

どうしても食べたくて、パリのストレールという

パティスリーで、いちじくのタルトだけは

食べられた、、、というエピソード

思い出しました、、、。

さてさて、本題に戻ります

夏なので、

いちじく、ブルーベリー、桃、ネクタリン、それに

そうそう、酸味の効いたレモン。

どれも焼いてもフレッシュでも美味しいので

悩ましい選択です。

フルーツを決めたあとには、タルト生地。

2種類あるタルト生地はそれぞれの

美味しさがあり、どちらも・・・・

甘い生地(パータシュクレ)はサクリとした

食感が外せないし、塩味の生地(パータフォンセ)

はあのパリッとしてアーモンドクリーム

フルーツと馴染んだ一体感がまた絶妙。

毎年、あれこれ言いながらも

やっぱり桃よね~と

近年桃を焼き込んだり、ソテーしてのせたり

またフレッシュをデコレーションしたりの

桃シリーズだったのですが

今年は、自分で摘んできたブルーベリー

に決定!しました~そして、タルト生地も

上に絞るカスタードにあわせて

甘い生地(パータ シュクレ)にしましたよ

タルト生地を敷いて、中にアーモンドクリームを

絞るのですが、今年はフレッシュのブルーベリー

も一緒に焼き込むという贅沢♪

みず水しいジャムのような果実と

アーモンドの香ばしさが焼きあがった時に

これがまたいい香り~♥

タルト台が冷めてから、カスタードを絞り

ブルベーリーをできるだけ沢山盛り付けます!

出来た~、出来ました!

い20622045_1239584472836964_3951084644296930491_n

そう、マダムといえども

贅沢なオーダーケーキは誕生日ぐらいなもので

1年に1回のお楽しみの日です

それでもね、

やっぱりタルトなんですよね

来年は何タルトにしようかな~♪

そして、私マダムの夢は

将来タルト屋さんを開くこと♥

まだまだ先の野望ですけどね。

本日もお読みいただき

ありがとうございました

タマミィーユFBはこちらから↓
タマミィーユFBページ
マダムのツィッターはこちらから↓
Follow @tamamille

よろしければフォローよろしくお願いします♪

誕生日とお盆と

19275162_1199837423478336_1474984890897966421_n
千葉県の八千代市秀明大学前でケーキ屋のマダム柳珠美です
本職はヴァンドゥーズ(菓子販売員)ですが、パティシェール(女性の菓子職人)が夢だったのでクッキー作りなどもしています。小さな街からフランス菓子の美味しさと魅力、そしてマダムの日常をお届けします

【2017・8・5Vol13】

昨日は私の誕生日でした♪

家族でケーキを囲んでのお祝い。

我が家の定番は、息子がHappyBirthday

のCDを用意して音楽を流すところから。

ろうそくを立て、

「to You~♪」のところで

ふーーっと消すという定番中の定番。

彼が物心ついてからの行事なので

もうかれこれ15年以上ですね

20597161_1240605099401568_467853423650218596_n

毎年、そんな当たり前のようにやってくる

それぞれの誕生日。

昨日娘にこんな話をしました

「あたなのおじいちゃん、おばあちゃんが

いてくれたからお母さんが生まれたの。

お母さんが生まれてきたから

あなたもここにいるんだよ。だから

お母さんの誕生日もありがとうだよね。」

ふと、思い浮かんだ言葉でしたが、

あぁ本当にそうだなと感じました

母と父がいてくれたから

私が誕生して、その母と父の存在も

祖父母がいてくたからだと。

命はずっと繋がっているのだなぁ

ずっと、ずっと遠い昔から。

さて、もうすぐお盆。

特にお盆らしいことはしたことは

ありませんでしたが、

昨年末に義母が亡くなり、今年は初盆

を迎えます。

亡くなった人の初めての里帰りとなる初盆。

結婚をしてから家族となりましたが、

そんな母も、主人との出会いを

生み出してくれた人。

「ご先祖様に感謝して」

今までは、その意味もあやふやでしたが

今年からは、手をあわせる先に

義母やご先祖様をぼんやりと

思い浮かべることができそうです

四十数年生きてきて

気づきが遅すぎ・・・ではありますが

おばあちゃんになる前でよかった!

 

義母が安心して里帰りできるように

家族全員が健やかで、元気な笑顔で!

迎えたいと思います
20170805_113737

本日もお読みいただき

ありがとうございました

タマミィーユFBはこちらから↓
タマミィーユFBページ
マダムのツィッターはこちらから↓
Follow @tamamille

よろしければフォローよろしくお願いします♪

 

 

小さなお客様

19275162_1199837423478336_1474984890897966421_n
千葉県の八千代市秀明大学前でケーキ屋のマダム柳珠美です
本職はヴァンドゥーズ(菓子販売員)ですが、パティシェール(女性の菓子職人)が夢だったのでクッキー作りなどもしています。小さな街からフランス菓子の美味しさと魅力、そしてマダムの日常をお届けします

【2017・7・31Vol12】

昨日、お店に福島から小さなお客様が

いらっしゃいました♪

震災後、福島でボランティアをされていていた

息子の恩師からお申し出いただき、

今回遊びに来てくれることに。

小さな女の子の夢は

「パティシェールになること」

キラキラと輝く瞳と、屈託のない笑顔は

本当に眩しいぐらい。

福島の中通り出身の彼女は、

いまだに十分に外遊びができないそうです。

今日はその分近くの公園で

たっぷり遊んだよ~とお話していました

小学生の子が外で思いっきり遊べない

という現実。

まだまだ地震の傷跡はしっかり残っているのだと

実感しました。

その現実を受け止めているとは思えない「笑顔」

本当に眩しかった!

そんな彼女の小さな肩をみていたら

大人は大人としての役割を

しっかり果たしていかなくてはと思いました。

ぐるっと厨房の見学をしたり、

暫しムッシュSのしつこいぐらいの雑談~

お別れする時には

「今日は会えて嬉しかったよ。ありがとう!」

と握手をすると、もうニコニコニコとしてくれて。

私が生きる力をもらいました!

一期一会といいますが、それはきっと

偶然ではなく必然。

そう思った今日の出来事でした

ずっと行きたいと思いつつ、

実現できなかった被災地訪問ですが

来年夏の旅先はもう決定ですね

20376045_1235957123199699_1860749083353238689_n

再開楽しみにしてます♪

本日もお読みいただき

ありがとうございました

タマミィーユFBはこちらから↓
タマミィーユFBページ
マダムのツィッターはこちらから↓

よろしければフォローよろしくお願いします♪

はじめまして幽子ちゃん。どこからきたの?

19275162_1199837423478336_1474984890897966421_n
千葉県の八千代市秀明大学前でケーキ屋のマダム柳珠美です
本職はヴァンドゥーズ(菓子販売員)ですが、パティシェール(女性の菓子職人)が夢だったのでクッキー作りなどもしています。小さな街からフランス菓子の美味しさと魅力、そしてマダムの日常をお届けします

【2017・7・27Vol11】

【petitkowa幽子ちゃんの誕生秘話】

はじまりは子供と大人の遊び心でした

娘が「貞子」と称して撮った写真を

Facebookに載せたのがことのはじまりでした
20245432_1230464640415614_8544550779159771566_n
そう、こんな写真!

ケーキ屋さんのブログで

いきなりおどろおどろしい写真ですみません・・・

そんな面白半分で載せた投稿を、

「たまみーゆ今年の冷菓は〝Mademoiselle SADAKO〝で決まりですね」

そんな知人の一言で決まりました!

ホラー菓子(どんな菓子?)

冷たくひ~んやりとして、そして

ドキリとするようなパッケージ。

そんな遊び心にしっかり乗って

きっちり仕事をやりこなして下さった

大阪製缶デザイナーナ中川ちゃんなしでは

この企画は語れません・・・・

そして、記念すべきタマミィーユオリジナル商品

ということで初の

Tamamille×大阪製缶コラボ商品!

その愛すべきプティ怖幽子ちゃんのネーミングは

モデルである娘の名前から(幽はあて字です)

とらせていただき、ヒヤリとするストーリーは

ホラーマニア中川ちゃんの世界観から

誕生しました。

どれぐらいホラー好きかというと、

会社でホラー研究会なるホラー上映会を

企画しちゃうぐらい!自由すぎる発想ですよね~

やはり彼女にお願いしてよかった~

と思いました♪

さてさてあとはその幽子ちゃんストーリー

にそった菓子の開発。ここから先は

もちろんムッシュSの出番。

背筋がゾッとすると言えば、ひんやり

冷た~い菓子。冷たい、ひんやりでも美味しい♪

ということで思いついたのが

ミントチョコフレーバーでした。

そうでした!よくよく考えたら

ミントチョコ好きな私の発案♡

ムッシュSの出番はここから。
20229290_1230464710415607_2859952197634170401_n
試作第1号はこんな感じでした

ペンギンみたいですね~

風味づけにフレッシュのミントを使おうかと

試みてはみたものの、

草特有の香りが強すぎて失敗。

その後ミントオイルは取り寄せ、味を見ながら

ブレンド。チョコはアイスのチョコミント味

のイメージにできるだけ近いものをと

削ったり、刻んだりあれこれと試作。

そして、

そして、

ようやく完成ーー!!

S-DSC_0053

中川ちゃんの力作、

お願いしていたパッケージも完成ーーー!

S-DSC_0054

あと・・・・

私が作りたくて着たくてスタッフTシャツも

作成しちゃいました♪もうすぐ完成の予定♡

この夏はこのPetitkowa幽子ちゃんTで

お店にいますので、是非注目して下さいね~

では、その出来上がりは店頭、もしくは

タマミィーユオンラインショップ

ご覧下さい!

最後に「petitkowa幽子ちゃん」、

ストーリーはここからはじまります↓

==================

それは、それはどこかの小さな街の

小さな家の小さな女の子

幽子ちゃん(ゆうこちゃん)

今日も幽子ちゃんは探しています

大好きだったミントチョコとミントペルルン

探し続けて・・・・

 

探し続けて・・・・

 

今夜あなたの冷蔵庫からミントチョコと

ミントペルルンが無くなっているかもしれない

==================

フフフ、本当にお気を付け下さいね

本日もお読みいただき

ありがとうございました♪

タマミィーユFBはこちらから↓
タマミィーユFBページ
マダムのツィッターはこちらから↓

よろしければフォローよろしくお願いします♪

 

シアワセジャム、作ってみませんか?

19275162_1199837423478336_1474984890897966421_n
千葉県の八千代市秀明大学前でケーキ屋のマダム柳珠美です
本職はヴァンドゥーズ(菓子販売員)ですが、パティシェール(女性の菓子職人)が夢だったのでクッキー作りなどもしています。小さな街からフランス菓子の美味しさと魅力、そしてマダムの日常をお届けします

【2017・7・14 Vol10】

小庭のブラックベリー(ミュール)の赤い実が

次々に食べ頃の時期を迎えています

お店のケーキのデコレーションで飾っていますが

飾る分としては少々採れすぎ・・・
19990155_1221633804632031_6148929292754352937_n

ということで、自家用にジャムを作りました!

このミュール、

そのままだと酸味が強くて酸っぱ~いという人も

ジャムなら、酸味と甘みのバランスがマッチして

とってもよくあうんです
19959050_1221633541298724_4761654218436433503_n

さて材料です。

ミュールは種が大きめなので最初にパッセ

(裏ごし)をして、残ったジュースを使います

今回は少量で150g。その60%分の砂糖に

レモン汁少々。フレッシュレモンがなければ

レモン果汁などでもOKです
19989648_1221633501298728_3928549358599408344_n
小鍋にミュール液と砂糖半量を入れて

火にかけかき混ぜます。中弱火ぐらい

5分程度して鍋の底を少し見えてきたら

残りの砂糖をいれてさらにかき混ぜます

最後はなべ底が見えてきて

木べらで上から垂らした時に

タラーッと落ちてくるぐらいがベストだそうですよ
19905259_1221633424632069_8541303920244760703_n

タラーッと落ち具合は是非こちらの

ツイッターの映像をどうぞ~

マダムのツイッター

ミュールは火を入れすぎると急に

固くなってしまい、それを過ぎると

今度は糖化してシャリシャリになってしまうそう

はい、このあたりはムッシュSに解説いただいて

おります

「シェフ」が身近にいるということは

こういう時には、とてもありがたいものです。

ということで

作り始めて約30分。完成ー!の笑顔です

20032035_1221633364632075_3647550340886071020_n
ちょうどヨーグルトソース風のジャムなので

ヨーグルト、バニラアイス添え、紅茶

などでもよくあいます!

手作りジャムが朝食のテーブルに並ぶ風景

ちょっとゆるやかなシアワセな気分。

「手作り」という魔法は不思議なものです

私も家族も笑顔になれる

シアワセジャム。

今日のはご参考までに

ぜひご家庭でもシアワセのジャム

作って見てくださいね

今回は裏ごしをしましたが、フルーツによっては

ほぼそのままで大丈夫です。

大量にフルーツを入手したら、どうぞ思い出して下さい

難しくはありません!

もし、ちょっと煮詰めすぎちゃった

なんて失敗があったとしても

そこには笑顔が♪

そしてわからないことがあれば

いつでも気軽にお尋ね下さい

本日もお読みいただき

ありがとうございました♪

タマミィーユFBはこちらから↓
タマミィーユFBページ
マダムのツィッターはこちらから↓

よろしければフォローよろしくお願いします♪

 

楽しいコト始めました♪

19275162_1199837423478336_1474984890897966421_n
千葉県の八千代市秀明大学前でケーキ屋のマダム柳珠美です
本職はヴァンドゥーズ(菓子販売員)ですが、パティシェール(女性の菓子職人)が夢だったのでクッキー作りなどもしています。小さな街からフランス菓子の美味しさと魅力、そしてマダムの日常をお届けします

【2017・7・11  Vol9 】

最近はじめたことをいくつか

楽しいことの1つめは「カリグラフィー」

西洋や中東でより文字を美しく見せるために

用いられた書法。日本で言う書道のような

もののようです。

カードなどで見たことがある方

いらっしゃるとは思いますが

こういう洒落た風の文字です
19884020_1219151041546974_1810048325525525586_n
これは、気軽に使えるペンタイプが到着してすぐの時。

まだまだ、だめだめな感じですねー

元々習字が好きで、文字を綴るのが好き。

だから、ハガキの宛名書きや

送り状の住所書きもそれ程苦じゃありません

書いている時の無になれる心地良さと、

上達していくのがわかるとその面白さに

ハマっています!

上達ぶりはもうしばらくお待ち下さいね~♪

このカリグラフィーもなぜ始めたか

というと

大阪でご活躍の洋菓子店モンガトウのマダムに

あるやりとりから「イラスト一緒にやりましょー」

と声をかけていただいたから。

とっっっても嬉しかった私ですが

絵心には自信がなく、昔ちょっとやっていた

カリグラフィーだったら私にも!と思いつき

そう思ったら忘れないうちにはじめよう!

ということでペンもお取り寄せ。

まずはお客様に感謝の気持ちをお伝えるする為に

ペンをとる毎日です。

もう少し上達したら、

プライスカードでもデビューする予定です♪

もうひとつはムッシュSによる

プライスカードのイラスト書き。

19884157_1219150818213663_6689399048167594027_n

これは絵心なしの私がムッシュSに懇願し

イラスト入るといいらしいよ~とのせて

「上手い!最高!流石!」と褒めちぎり

書いてもらいました

ゲイジュツカタイプの彼もなんだか楽しそう♪

お店でショーケースを覗くお客様の目にもとまり

会話が広がったり、ショーケースも

店頭もなんだか賑やかになりました

なんだか嬉しいです

3つめは、週1で始めたピンポン

娘のお付き合いでの「ピンポン」ですが

若かりし頃のスポーツがまた重宝されるとは

まさかという驚きと喜び!

行ったり来たりするピンポンボールは

昔とはまた違ったシアワセのピンポンです

知人との繋がり、

お客様との繋がり、

親子の繋がり。どれもなくてはならない

シアワセのカタチ。

さぁ、今日も張り切ってピンポンしまーす♪
(※今日は定休日です)

本日もお読みいただき

ありがとうございました♪

タマミィーユFBはこちらから↓
タマミィーユFBページ
マダムのツィッターはこちらから↓

よろしければフォローよろしくお願いします♪

 

 

 

よいしょーっ。パテシェ達、裏方ではこんなこともやってます

19275162_1199837423478336_1474984890897966421_n
千葉県の八千代市秀明大学前でケーキ屋のマダム柳珠美です
本職はヴァンドゥーズ(菓子販売員)ですが、パティシェール(女性の菓子職人)が夢だったのでクッキー作りなどもしています。小さな街からフランス菓子の美味しさと魅力、そしてマダムの日常をお届けします

【2017・7・9  Vol8 】

ケーキの販売、ヴァンドゥーズというのが

私の主な仕事ですが

忙しい秋頃から春先までは

クッキーを仕込んだり、はたまた焼いたり

仕上げに袋詰めまでこなします

そして、

学生時代にはパテシェールを夢見ていた

こともあり、ケーキのデレコーション

までもお手伝いすることもあります

そう、猫の手も借りたいときには

マダムの手を借りる訳です。

そんな私が日々目にしている

パテシェ(菓子職人)の仕事の一コマ。

繊細な仕事とは真逆の

「重ーい」「暑ーい」お仕事。

スポンジの生地を泡立てるのは

機械が活躍してくれますが
19554459_1216516878477057_1456816015544625668_n

こんな風にボールを持ち上げたりするのは

かなりの力仕事。

思わず「よいしょーっ」と掛け声が出たりします

オーブンで焼いたあとに、熱ーい鉄板を拭いたり
19884247_1216516835143728_1085075299638728845_n
この大きなボールを洗うまでが

スポンジ仕込み担当の仕事。

その他にも、こんな材料の大袋を

収納場所まで移動させたりします。
19894558_1217174581744620_1672654632290882324_n

一袋(いったい・両手に収まらないぐらい大きな袋)

って呼ぶぐらいですからね

かなりの重さです。

砂糖だと30k、粉物は25K。

ムッシュSもそろそろお年頃なので

重いものを運ぶときは重心を下げて

を心がけることを忘れずに!!

最後に夏場一番カロリー消費する仕事はこちら
19961365_1217181241743954_1292142356961855551_n
シュークリームの中に詰めるカスタードクリーム作り

火を目の前に格闘すること約5分。

とにかく焦げ付かないように

かき混ぜる、混ぜる、混ぜる!

お疲れ様です

本当にお疲れ様です!

しかもこのカスタードクリームを炊く仕事は

毎日欠かさずということで

日々の筋トレになってまーす♪

もちろん、ムッシュS担当ですけどね

繊細な夢のある世界(と思われていに違いない)

からは想像できない

こんな仕事もしてますよーというお話でした。

また小出しに一コマずつ語りたいと思います

本日もお読みいただき

ありがとうございました♪

タマミィーユFBはこちらから↓
タマミィーユFBページ
マダムのツィッターはこちらから↓

よろしければフォローよろしくお願いします♪