カテゴリー別アーカイブ: 未分類

愛がつまった唯一無二のオーダーケーキ

 千葉県の八千代市秀明大学前でケーキ屋のマダム柳珠美です。本職はヴァンドゥーズ(菓子販売員)ですが、パティシェール(女性の菓子職人)が夢だったのでクッキー作りなどもしています。小さな街からフランス菓子の美味しさと魅力、そしてマダムの日常をお届けします

 

こんにちはまだまだ暑い日が続いておりますが
という書き出しは3日前のこと
今日はすっかり秋模様です
季節の移り変わりの早さに
ついていくのが、、
さて、気を取り直して
ここ数か月、有難いことに
沢山のオーダーケーキの
ご注文をいただいています
中でも

大切な家族の一員である愛梟ちゃん、
愛猫ちゃんの似顔絵デコレーションが
印象的でした

きっかけはお客様からの1通DM
うちのこの子をデザインしたケーキを
作ってもらえませんか?
からのスタートでした
思わず可愛い~
と声に出してしまうキュートさ
そんな梟ちゃんのお写真と共に
この子デザインのお誕生日ケーキを
というご依頼

241040419_4038651269596923_2291025840520299412_n

この子がおうちにいるの?
という不思議さと
なんとも可愛らしい佇まいに、、♡

早速、ショージさんに相談
「毛並みが難しいかなぁ」
とは言っていたものの

快くOKでました!
オーダーをいただいてから
写真はInstagramから選んでいただいても、、
というお話だったので
いただいた写真とその中から
ショージさんが選んだのは
こちら
240932268_4037890479673002_2299153655707344074_nつぶらな瞳?
梟さんらしい表情がいいですね
オーダーのご希望内容は・大人の方2人分なので小さめサイズ
・配送希望なのでバタークリームデコレーション
・梟の立ち姿でデザインはお任せ
上半身でもOK
・お名前とメッセージを入れて欲しい
・ご希望予算
・お支払い方法(代金引換)
ちなみにご注文のお問合せを
いただいたのが約1か月前
これぐらいお時間をいただけると
こちらも準備万全で挑めますので
助かります笑
ですが、2週間前ぐらいでも
ご相談にのりますので
どうぞお気軽に!
ということで早速、、
241091391_4046596615469055_7828441537832510547_n

241112901_4046596758802374_5934474968631047757_n
描くこと3時間、、ぐらいかな
ようやく完成!!

240920702_4037890369673013_7160185934649676226_n

240986712_4038651179596932_7263283004181635435_n

お届け後
ご注文様には嬉しいお言葉いただきましたが
ご本梟、喜んでもらえたかな??

これを機会に
我が家の大切な家族を!
というオーダーを頂戴するようになり
先日もVery cuteな猫ちゃんケーキ
作らせていただきました240911066_4037890239673026_472305560821007572_n

これまた瞳が印象的!!
素敵猫ちゃんです~♬

オーダーのご希望内容は
・大人の方2人分なので小さめサイズ
・ベースは生デコレーション・可能なら
フルーツをたっぷり使って欲しい
・猫のシルエットなど、猫のモチーフを
入れて欲しい
・ご希望予算あり上記のご希望でしたが
今回は生デコレーションの上に
デザインしたサブレをのせたので
フルーツはサンドのみとなりました

ケーキが4号(12cm)サイズで
猫ちゃんのデザインを入れるサブレも
12cmサイズでご用意

こちらもショージさんの一人作業時間
3時間ぐらで、、

240906735_4037890119673038_1736929170563157996_n

完成!!デザイン上、プレートひとつとなって
しまいましたが、、
ケーキ、作業の都合上
全てのリクエストにお応えできない
こともありますが
わからないことも含めてご相談
お聞かせ下さい!

只、ショージさんの作業時間
私の予想以上にかかっていたので
ご注文が沢山の場合には
お待たせしてしまうかもしれません
その他動物シリーズ以外にも

240924181_4037890633006320_6575559297699626782_n
ピンクのバラが好きという男のコに

240942489_4037891153006268_2793641950035320839_n
5歳のお孫さんに
ブルーベリーが第1希望でしたが
少し時期がずれてしまい
第2希望のパイナップルで数字のケーキ

240970135_4037890853006298_4199246724450823801_n

桜モチーフというご希望
桜が好きな奥様との記念日に♡

240982308_4037891049672945_7231009374689988176_n

シャインマスカット大好き!
な方のための夏限定スペシャルタルト

240992843_4037890779672972_6146819764847543186_n

キャラメルシューベースの
プティクロッカン
通常は8名様以上のご注文から
承ります

こちらの載せた写真は
ほんの一例ではありますが
お客様の様々なお声を頂戴し
お話をお伺いしながら唯一無二のケーキ
菓子をご用意できたらと思っております
オリジナルオーダーはご来店
もしくはバタークリームケーキの場合
ご発送もしていますので
その場合はMail等で詳細をお聞きしながら
対応させていただいております。

お聞きしたいことの一例ですが
・菓子全体のイメージ(大きさ、人数、)
・どんなタイミングで
(すぐ食べるのか、次の日まで日持ちがよいか)
・デコレーションホールならベース
のケーキ(スポンジ、タルト)
・好きなクリーム(生クリーム、カスタード、
バタークリーム、チョコ生クリーム)
・デザイン重視か味わい重視か
(似顔絵、動物、可愛らしくなど)

どのような用途でご希望か
これほど細かくなくでも
おおまかな内容でも構いません
むしろお任せで!
と言っていただけると
シェフショージさんの
オリジナリティーが発揮されるかも、、
皆様の想い出作りに寄り添うことができれば
私達も嬉しい限りです

千葉県の八千代市秀明大学前でケーキ屋のマダム柳珠美です。本職はヴァンドゥーズ(菓子販売員)ですが、パティシェール(女性の菓子職人)が夢だったのでクッキー作りなどもしています。小さな街からフランス菓子の美味しさと魅力、そしてマダムの日常をお届けします

こんにちは

昨日は以前からやろうと思って

暑さからなかなか重い腰が上がらなったこと

ようやく実現

といっても大袈裟なことではなく

ご近所の蓮池での写真撮影

そう、、、先日父より

やたらと重い一眼レフのレンズを

譲り受けました

 

いざ、ご近所の田んぼ脇の蓮池と

町内に古くからある熱田ケ池にGO!

お目当ては今見頃の「蓮」

品種はよくわからないけど

こちらに来て25年、その頃から

多分毎年綺麗に咲いていました

DSC_0084

田んぼ脇に咲く素朴な蓮

自然に生息する美しさ!かな

どなたかお世話してるんだろうか、、

DSC_0078

DSC_0075

白とピンクの涼し気なコントラスト

そして、、

やはり蕾に惹かれてしまう

DSC_0074


DSC_0072

これからという

生命力

DSC_0082
そして

暑かったけど、せっかくなのでもう一か所

DSC_0100
薄暗い、、

池というよりは沼に近いですね

でも、写真に映りこんだ蓮は

なかなか素敵に撮れました

DSC_0092

DSC_0098

DSC_0093

DSC_0090

不思議と心が静かに

DSC_0095

でもどちらかというと

池の主役は

DSC_0087

トンボ(仲良し)
DSC_0097

気持ちよさそう

写真には納まらなかったけど

ウシガエルも大合唱

普段はお菓子を撮るばかりですが

心静かに、ひとつのものに焦点を合わせ

命ある被写体に心を寄せる

そんな神秘的な時間もいいものです

 

父が覗いていたレンズを通してというのも

心寄せる被写体に気持ちが映りこむのかな

 

暑い夏

少しでも涼し気な気持ちになっていただけたら

嬉しいです♬

 

本日もお読みいただきありがとうございました!

マダム柳珠美

 

真剣勝負!

千葉県の八千代市秀明大学前でケーキ屋のマダム柳珠美です。本職はヴァンドゥーズ(菓子販売員)ですが、パティシェール(女性の菓子職人)が夢だったのでクッキー作りなどもしています。小さな街からフランス菓子の美味しさと魅力、そしてマダムの日常をお届けします

こんにちは、マダムタマミです

さて、先日知人のケーキ屋さん

勝田台にあるジャルダン・ド・ソレイユという

知人シェフのケーキ屋さんに行ってきました

ケーキとコーヒー付きのランチセット♬

ケーキ選びに、ケーキ屋マダム悩みます、、

*************

正直ケーキの味見が日常の楽しみのひとつ

ではあるのですが家(お店)で食するのは味見優先

そこで自分が今食べたいケーキを

選ぶという行為は、非日常であり

まさに真剣勝負!!

そう、ケーキ屋だからこそ

お金を出してでも食べたいケーキ

は真剣に選びたいのです

甘いもの~と、時にはコンビニでも買うし

和菓子などはご近所にないので

スーパーでついで買いすることは

あるけども、ハズしたくない!!

**************

この日ショーケースに並んでいたのは、、

まず今話題の「まるごと桃」

自分のお店にはないし、作る予定もないので

少し惹かれる

基本、桃好きですし

でも知人シェフの「パティシェ力0、

桃力(素材力)100ですよ」というコメントに

断念(半分納得)、、

次に目に留まったのは「ミルフィーユ」

これも気まぐれでシェフが作ることは

あってもいつもはお目にかかれず

あ~このカスタードクリームだけサンド

のシンプルさがたまらん!と

これはキープ。(心の中で)

でもやはり、タルトが気になる~

「タルトシトロンヴェール」

メレンゲのデコレーションがキュートで

ライムがまた心くすぐられる

ライムといえばコロナビール

という単純な発想でどちらにしても

この暑さには爽やかさが一番か、、

となりのマンゴータルトの鮮やかなオレンジ

も黙ってはいない

マンゴーのたまらない口溶けの良さ

あの見た目のフレッシュ感は

美味しくない訳がない

けど、好きだからと言っていつもタルト

では味の興味が広がらないような

少しジャンルを変えてチーズ系とか??

2種類ある、、、

どうやらひとつはシェフの新作らしい

↑と一緒にいるショージさんは興味深々

こんなあーだこーだがあり結果、

220623013_3924345114360873_8778369590705444821_n

チーズ系に落ち着きました

中にいちぢくとオレンジが潜んでいる

とのことが決め手!

まぁ定番のパターンとして

2人でケーキ屋さんを訪れると

味見を兼ねて半分コ

3つ、4つと種類が増えても半分コ。

なので、こんな時これ食べたい!

と直感で決まらない時には

隣の人の食べたそうなものを

選んだりして

こうやってケーキ屋さんを訪れる度に

そりゃもう真剣勝負

外したくない!!ので。

食する時には、これがこうなって

とかも確認はしますが

まずはひと口目、美味しい!と思えるか

要は皆さんと同じ目線で食べてます

何よりもシェフお人柄が味わいにでる

そんな心地良きケーキタイム♪

砥部焼に淹れて運ばれた

珈琲も大変美味!でした~

222383936_3924345257694192_2384698867652080376_n

いつもとは違うものに触れるという

リフレッシュなのでありました!!

本日の名言

「ケーキ屋がケーキ屋さんでケーキを選ぶときは

いつも以上に真剣」

でした。

そう、何事にも真剣に取り組むって大事!!

そう言えば

バタークリームケーキのこと書くつもり

だったのに、すっかり忘れていました、、、

次回書きますね~

 

本日はゆるりとしたお喋りにお付き合いいただき

ありがとうございました!

 

 

 

 

 

最近の顔ぶれ【焼菓子編】

千葉県の八千代市秀明大学前でケーキ屋のマダム柳珠美です。本職はヴァンドゥーズ(菓子販売員)ですが、パティシェール(女性の菓子職人)が夢だったのでクッキー作りなどもしています。小さな街からフランス菓子の美味しさと魅力、そしてマダムの日常をお届けします

こんにちは、マダムTamamiです

パティスリー(ケーキ屋)と言えば
大きく分けて
生ケーキ、焼き菓子の2つのカテゴリー
があります
お店によってはショコラ(チョコ)や
グラス(アイス)、ヴィエノワズリー(パン)
などもありますが

タマミィーユでは焼き菓子を
メレンゲ菓子とそうでないもの
というジャンル分けしよう
なんてことを考えています

メレンゲ、そのものばかりでなく
メレンゲ主体の菓子ですね

そもそもメレンゲとは、、、

「卵白と砂糖合わせて固く泡立てた
生地のこと。. メレンゲはフランス語で
Meringue (ムラング)といいます」

泡立てたアパレイユをほかのものと
混ぜ合わせて生地を作ったり
焼いた生地をお菓子の土台にしたり、、
そして、泡立てた生地を乾燥焼きしたものが
メレンゲ菓子と言われます

フランスでは古くから愛されてきた
このメレンゲですが
日本でもようやく最近ポピュラーな菓子
としての仲間入り♪

スポンジがベースの昭和のモンブランから
メレンゲベースのモンブランが
当たり前の時代へ
(永かった、、)

お店では以前から小さな子から
年配の方までメレンゲを気に入って
くれています
だからこそ、もっともっと知っていただきたい!

缶に詰めてみたりもしましたね

64790144_2067837176678352_7026606465221656576_n

DSC_0769

但し、湿度の高い夏場には合わない
焼菓子なので、日本の気候的には
なかなか難しい、、
今朝も朝から72%の湿度に
メレンゲキャラメル、負けてました

そんなこんなでメレンゲ菓子を
作り続けて早24年
バニラクッキーなどのオーソドックスな
クッキー以外のアイテムとして
メレンゲクッキーシリーズ増えました!

212979267_3880432452085473_1689998486871928744_n

【ロッシェ】
ゴツゴツと岩(ロッシェ)の形をした
メレンゲ菓子で、ザクザクとアーモンドの
歯応え
217589072_3899289626866422_4084287923829497441_n
【メレンゲショコラココ】
ココナッツ入りのメレンゲショコラ
ココナッツの独特の歯応えがクセになり
オリジナルメレンゲ菓子

211665995_3880432352085483_769192377694211484_n
【チュイール】(左)
ほんの少量の小麦粉が入ってますが
卵白多め配合のクッキー
薄く焼いているので、サクリとした後
アーモンドの香りと口溶けの良さと

217413385_3896918837103501_1042036029959732492_n
【シガレット】
葉巻(タバコ)のような形から
お馴染みのクッキーで卵白の配合の多め
です。サクリ、ホロリと心地良い食感
213343770_3880433102085408_4260476288845376873_n
ひとつひとつ
くるくるしてます

そして今ではメレンゲ菓子の主役的な存在の
218122675_3899289756866409_7228033218270494447_n
【スティックメレンゲ】
ローズ、シトロン(レモン)、ナチュール、ミント
の4種類。単品でもOKですが
カップに生クリームを入れて
メレンゲをつけながら食べる
「クープメレンゲ」は一度は是非。

そんなメレンゲ物語ですが
生ケーキでも大活躍!!

208629945_3880432635418788_8076311676877267357_n

213375651_3880432732085445_2803898659123693531_n

ショージシェフもメレンゲ推進課課長
として推進活動しています

ちなみに、今メレンゲ菓子ご購入で
キャッチワードを言っていただくと
スティックメレンゲプレゼント中ですよ
ショージさんの呟きは↓
詳しくはこちらで!

 


今後ともメレンゲの活躍に
乞うご期待!!

本日もありがとうございました♪

マダム柳珠美

 

 

最近の顔ぶれ【ケーキ編】

千葉県の八千代市秀明大学前でケーキ屋のマダム柳珠美です。本職はヴァンドゥーズ(菓子販売員)ですが、パティシェール(女性の菓子職人)が夢だったのでクッキー作りなどもしています。小さな街からフランス菓子の美味しさと魅力、そしてマダムの日常をお届けします

お久しぶりです

季節が初夏へと移り

ケーキの顔ぶれも少し変わってきました

苺、、

本当は冬の果物なんですよね

ショーケースに並ぶケーキには

通年苺が乗っているイメージ

なのかもしれませんが

そんな訳で国産の苺は6月で一旦終了。

苺がなくなり、ちょっと寂しくなった

ショーケースには

ひと際注目度の高い新星が、、

そう、私が大好きなチョコミント~

がケーキに!!

208659270_3877729919022393_608146839752395088_n

しかも、上にちょこんとのった

生マシュマロ(チョコミントフレーバー)

にもご注目

209474895_3877730045689047_6943487365663733199_n

チョコを削っていれた生クリームは

色合い優しく着色はしていませんが

すーーっと爽やかなミント感♬

そして、そして女性待望の夏タルト

【tarte citron】(タルトシトロン)

レモンのタルト

に【tarte myrtille】(タルトミルティユ)

地元産ブルーベリーのタルトもアイテムに。

もともとタルトが好きで

私マダムもショージシェフも

将来はタルト屋さんにしたいね~

などと語りあったこともありました

(いつの話か忘れちゃったけど)笑

で、今年は特にメレンゲモリモリに

仕上げました!
213375651_3880432732085445_2803898659123693531_n

ね!!

レモンの爽やかな酸味を残しつつ
208629945_3880432635418788_8076311676877267357_n

タルトって基本、背が低くて地味~

になりがちなのでその素晴らしさを

知っていただきたい!という強い思いが

このデザインへと発展しました
213852094_3880432545418797_2748126756734809656_n

プラス見映えでよしこれにしよう!

と思うこともありますよね

そんなことでブルーベリーのタルトも

前評判の良かったお花を絞っています

214118932_3880431985418853_7459076182364904630_n

213686062_3880431888752196_574003581687297052_n

ショージシェフ、渋い風貌ではありますが

決してロマンチックを忘れません、、

9月でいよいよ!25周年を迎えるにあたり

ブラッシュアップも。

チーズケーキも進化します

211533909_3877583419037043_1706138019302803679_n

こちらも乞うご期待!

213675024_3877730279022357_1328294707932527998_n

ホールケーキもメインの苺の生デコレーション

お休みの間はメロンがご活躍。

オーソドックスな定番が並びますが

見た目以上の驚きをお届けしたい

そんな想いでご用意してます

210270818_3877730159022369_6500636584984377478_n

そういえば、、

オリジナル缶の昭和レトロDECOも

店頭にてお受け取り可能になりました

157160096_3532335463561842_67235476873305040_n

こちらの魅力も是非店頭でご覧くださいね

どうぞよろしくお願い致します♪

余談ではありますが、、

日中、この写真をまとめていたら

予期せぬお客様が!(驚)

木更津で「友里」というラーメン屋さん

を営んでいるステキご夫婦

まささんとのぶ子さん

じつは先日お邪魔したのですが、、

いつもご来店いただけるお客様と

少しの会話しかない日常生活

なので、色々なお話できて

楽しかったーー嬉しかった♡

214501686_3883062488489136_5703370439745587811_n

こもりっきりケーキ屋さんのリフレッシュタイム

実は、こんな時だったりします♪

本日もありがとうございました

次回は焼き菓子編です

 

沢山のありがとうとミュゲの日

千葉県の八千代市秀明大学前でケーキ屋のマダム柳珠美です。本職はヴァンドゥーズ(菓子販売員)ですが、パティシェール(女性の菓子職人)が夢だったのでクッキー作りなどもしています。小さな街からフランス菓子の美味しさと魅力、そしてマダムの日常をお届けします

【2021・4・14・Vol50】
久しぶりの投稿に
恐縮するばかりですが、、

2021年春
そしてもうすぐ5月1日
そう、スズランの日(ミュゲの日)
のこと少し書かせていただきます

昨年よりさり気なく
いえ、皆さんに知ってもらいと
フランスでの素敵な風習
ミュゲの日をご紹介しています

私達にもできる
お菓子で皆さんを笑顔にできる
そんな日があれば
もっと素敵な日常を送れるのではと
そんなことが実現できる日だと感じ
色々と多方面から
お力添えをいただいています

いつもお世話になっている方
親愛なる人へスズランを贈る
そして
それを受け取った人には
幸せが訪れる、、

まぁなんと素敵な!!

思う人がいて、思われる人がいて
お互いが幸せになれるなんて!

そこで、キーポイントである
スズランをメインに
sすずらん22

そもそも、始まりは
この缶から

そしてこのデザインから
イマジネーションした
スズランの形をした愛らしい菓子
マカロンラスクが
誕生しました

数年前に作り始めてから
結婚式、名前にちなんだイベント
何気ない贈り物と
何千缶?!と作らせていただきました

その後
お菓子のミカタTOKYOKHOBHO!!
で繋がらせていただいた
kinnirohitodeのまりなさん
聡明な水彩画にすぐ様
心奪われ

そして今回は
スズランデザインのハンカチーフで
コラボさせていただきました!
絵、陶器、紙モノ、布モノ
と取り組まれているまりなさん
ですが
私はまりなさんの作品は
布モノがその淡い水彩画の世界に
とてもよく合っていると思っていて
今回のスズランデザインも
とても素敵!!
172829757_3645822405546480_3546630059146987274_n

もうひとつの青い鳥デザインも
幸せオーラを感じたので
こちらのセットもご用意しています

詰め合わせ内容はこのように、、
171760984_3645821865546534_3214957200855499493_n

菓子、デザイン缶の引き立て役?
大袈裟にならないように
ラッピングもしています
始まりお客様からのリクエストから

そんな貴重なお声はとても
有難いです
私発信というよりも
色々なヒントをいただき
進化してきました!
172254150_3648047645323956_5484617010515366046_n

173663298_3648047351990652_5733340180798936134_n

古来からヨーロッパで重要な
信書を届けるときに貴族が
刻印して使われてきた
シーリングスタンプ(封蝋)

思いつき、スズランデザインに
めぐり逢いこれも
ご縁♡

スズランカラーのマカロン
も添えて、、
ハートもありますよ

172031448_3645821775546543_267669803173337037_n

中でも缶入り菓子
スズランの雫には深い思い入れが
あります

Instagramで繋がった
おいしいマルシェの担当磯崎さん
が素敵にご紹介して下さって
いますので詳しくはこちらを
ご覧下さい!↓
おいしいマルシェ

もうひとつ!
昨年より猛烈にアピールしている
そして徐々にファンの方が
増えつつある
バタークリームケーキを
スズランバージョンで
171580513_3645822498879804_8466444851122864985_n
ね、素敵でしょ!
シェフは職人気質
菓子に対しては真面目な人柄ですが
このようなデザインを見ていると
実はロマンチックな面々も
垣間見えますね、、、

お味はバタークリームが
苦手な方でもこれは美味しい!
と評判のバニラクリーム

そしてそして
真ん中のMUGUETの文字を
ありがとうのMerciに変更も
出来ますよ~
(母の日用でもいいですよね!)

菓子って見た目も大事で
可愛い、素敵!から始まり
そこからフランス菓子の
ファンになっもらえる

そんな出逢い方も
大切かなぁと思います

173470244_3645822688879785_4083103397888292400_n

あっ、こちらも
素敵なハンカチーフ
とセットでお届けします♪

さてあと約2週間で
ミュゲの日
皆さんの想いが届き
素敵な日となりますように

積み重ねてきたもの
その中で出逢った沢山の方々
そしてこれらを手にとって
いただく方々に
感謝を込めて

私は母にケーキを
贈りたいとおもいます
173335306_3645823528879701_2647856857602607703_n

単品は既に販売していますが
ミュゲの日の特別セットは
今週末より販売開始の予定となっています
どうぞよろしくお願いします♪

本日もお読みいただき
ありがとうございました

マダム
柳珠美

 

 

うっとりとため息をつきながら


19275162_1199837423478336_1474984890897966421_n

千葉県の八千代市秀明大学前でケーキ屋のマダム柳珠美です
本職はヴァンドゥーズ(菓子販売員)ですが、パティシェール(女性の菓子職人)が夢だったのでクッキー作りなどもしています。小さな街からフランス菓子の美味しさと魅力、そしてマダムの日常をお届けします

【2020・7・15・Vol49】

長々と梅雨が続いていますね

おうち時間が続きがちなところで
ひとつ
お菓子好き
缶好きなかたへ
朗報です

構想はかれこれ
数か月前から
ご存知の方も多いかと思いますが
以前より
タマミィーユで取り扱っている
缶菓子に
もうひとつ
ニューアイテムが登場します!
こちらがサンプル缶を初めて
手にした時の
緊張の様子
う、美しい、、

106294124_2894342077361187_865773560488352455_n

通常、パッケージ全般
そうだと思いますが
どんなパッケージを作るかは
包材屋さんが社内で考え
完成したら、広告、売り込みで
世に広まっていく
そんなパターン(多分)

ですが
こちらの缶の会社
お菓子のミカタ清水社長
作り始めの様子から
途中経過報告
最終調整に至るまで
細々と発信して下さるので
こちらもあれやこれやと
考える時間、楽しめる時間を
作ってもらっています

そんな訳で手にした
ニューフェイスですが、、
107065226_2894485804013481_4853160849395021231_n

写真で目にした通り
作り込んだ感
重厚感
そしてこのホワイトカラーが
とても美しーーーー!
この缶デザインは
さらに気合を入れて挑まなければ!
とシェフの心の声が。笑

缶入り菓子を考える時、
日持ち
保存方法
手順(合理性)
価格
見映え
サプライズ感
魅力的な味わい
季節感
といといったことを考える
訳ですが

シェフの場合は

ストーリー性
見映え、サプライズ感
魅力的な味わい
ココ大事!
となります

そして
店を見守るマダムとしては
心中色々ありますが、、
温かく見守っております
お菓子のミカタの
清水社長にそのことをこぼすと
「恒例行事ですね!」
とバッサリ~笑

そんなこんなで
このデザイン缶にあう菓子を
イメージして
私達の意見も多少取り入れてもらい
菓子作りがスタート

この菓子缶のデザインをしてくださって
いるのは
私達もお世話になっている
デザイナーOOKIIINUの國影さん
彼女の仕事への情熱
お菓子のミカタ清水社長をはじめ
皆さんの
デザイン缶に向き合う真摯な姿を
知っているからこそ
中途半端なものは作れない!
という想い

ビジュ缶の妹(スール)
このキラキラと輝く美しさ
可憐さ
中身も華やかがあり
ひとつひとつしっかりと
味わえる菓子がいい。
基本的な生地やクリームの配合は
数に限りがあるけど
それぞれの組み合わせは計り知れない
その組み合わせの閃きこそ
シェフだけのもの

うんうん
と話しを聞くだけで
そりゃ美味しいに違いない!
それでも
やっぱり作ってみないとわからない

108014255_2894341994027862_6009008464380726551_n

108274666_2894390404023021_457902498020454223_n

108169341_2894390254023036_314524255114958683_n

108703380_2894341317361263_2132803186862134629_n

パウンドケーキ?もしくは
スポンジにクリーム挟んだ系
に見えますが、、
えぇもちろんただのスポンジ
パウンド生地とは違います

原価、手間度外視の菓子
大公開!!

ベースの生地は
フランス古典菓子とされている
pain de junes(パン ド ジェンヌ)

スライスアーモンドを表面に貼り
つけてジャムを塗った焼き菓子を
ご存知の方も多いのでは?
配合はもう十二分にアーモンド
を感じる旨味、
しっとりと肌理の細かさが、、
そのままでも十分に美味しい焼き菓子

その生地にそれぞれのフレーバー
主にチョコレートベースの
ガナッシュクリームをサンド

さらに大人の味わいに
仕上げるべく
香り付けのアルコールも
キリッシュ
フランボア
アマレット
ラム+コニャック
とそれぞれのフレーバーに合わせて

特にショコラは
酸味の効いたパッションショコラで
ひとつ印象的な存在です
そして、そして
最後のデコレーションである
表面サイドのナッペ(クリームを
デコレーション)と飾り
そしてカットは
職人泣かせの大仕事。汗

私マダムの感想。
ひと粒でも
深みのあるしっかりとした
味わいは
脳裏に刻まれる
味わいでした

そう、
うっとりと缶を眺めながら、、、

コツコツと
手仕事で作る菓子
缶作りに携わった皆さんへの
オマージュと共に
お客様の元へ
お届けしまーす!

そしてまた
菓子作りの愉しさを確認させてくれた
方々への感謝の気持ちを
忘れずに

大変な作業で
くじけそうになっても
忘れずに。

そうそう名前決まりました

Belles soeurs(ベル スール)
素敵な姉妹

こうやって命名するのも
私達にとっては
大事なルーティーン
愛する我が子には
名前をつけて
仕事中でもそう呼んでます
今回は「ベル!」かな、、

7月下旬数量限定にて(沢山作れないので
ごめんなさい)
タマミィーユオンラインショップにて
販売開始予定
どうぞよろしくお願いします!

107914498_2896855403776521_6094198703514738926_o

 

 

 

 

 

プティデジュネって?


19275162_1199837423478336_1474984890897966421_n

千葉県の八千代市秀明大学前でケーキ屋のマダム柳珠美です
本職はヴァンドゥーズ(菓子販売員)ですが、パティシェール(女性の菓子職人)が夢だったのでクッキー作りなどもしています。小さな街からフランス菓子の美味しさと魅力、そしてマダムの日常をお届けします

【2020・6・9・Vol48】

いきなりですが
「プティデジュネ」は
フランスの朝食のこと

パリの日常の風景を
お届けしたい
そんな想いをひとつのセットに
詰め込みました
ようやく来週より通販開始します
ひとつひとつの商品に込めた
エピソード、愛情を
ご紹介♡

102556891_2802206683241394_2375276086268455029_n

毎日焼きたてのバゲッドを買って食べたり
バターたっぷりでリッチな菓子パン
ヴィエノワズリーをさくっと食べるのが
日常

そして

ヴィエノワズリーはブーランジェリー(パン屋)
そしてパティスリー(ケーキ屋)でも
ひと通り並ぶのが
フランス、パリ。

どこの店でも
自慢のクロワッサン、パンオショコラが
悠々と並んでいます

クロワッサンはすべてが職人の手折り生地。
97266816_2749932481802148_542008049368301568_n

クロワッサンやデニッシュの生地は、
薄く伸ばしたパン生地と、シート状にした
バターを手作業で、何層にも
折り重ねて作ります
機械製造が主流の今、
職人が手作業で折り重ねる生地は、
非常に希少な存在。

97281293_2749932618468801_6734701151842729984_n

手仕事ゆえに、数ミリ以下の単位で生じる
不均一な厚みの層が焼きあがった時
独特の食感に変わります。
新たなパンの魅力を
是非発見して欲しい
セットにはクロワッサン×3
お入れしてます

そして、もうひとつの
ヴィエノワズリー
ブリオッシュ

バターと卵たっぷりの
艶々とコロンとした形
タマミィーユではサバラン
のベースになっているのが
このブリオッシュ。

97479018_2752352668226796_8802129091936387072_n

ケーキにしても美味しい~
けど、そのままでも
十分美味しい♪
ジャムを添えれば
また贅沢な味わいに!
セットのブリオッシュは×3ケ

84437431_2805679932894069_1007573542120163357_n

101844901_2805689179559811_5025493748422716078_o

こちらもパリのパティスリー
ではあまりにも馴染み深い!

そして
以前より思い描いていたものが
ようやく形へとなった「flan」(フラン)
シェフがパリの修業時代
貧乏生活の貴重なお給料を
このフランに注ぎ込んでいた話
何十回聞いたことか、、、

97247824_2749932755135454_8669877715928612864_n83053311_2805647726230623_2436728328167746193_n

フラン愛、それはそれは
ただらなぬモノで。
敷き込んだタルト生地の厚さ
(極々薄く)から
カスタードの炊き方
ホールが旨いか
タルトレットが旨いか
などなど

ちなみに私はホールに焼いた
ものをカットした
プリンとしたカスタード
たっぷりめが好みです

さらに焼いて数時間以内ならそのまま
(これを食べられる
人はまさに幸運!)
冷やすよりも
リベイク(温め直し)が
バニラとカスタードの香りが
より一層味わえて
美味!!
と思っております

ちなみに、今回お送りするのは
おひとり様分(約9cm)×2ケですが
私好みの15cm(ホールサイズ)
もご用意しております

タマミィーユフラン

そしてラストは
ボヤージュドシトロン(旅するレモン)
という名のレモンケーキ

101118989_2798144780314251_351466085888819200_o

これからの季節
酸味と甘みが恋しくなります
そう、レモンケーキは
まさに夏向きのお菓子!
(タマミィーユでは通年商品)

とは言え
さっぱりだけではない
奥深い味わいには
ここでしか言えないヒミツが、、

「クレームドゥーブル」
濃縮生クリーム
↑と聞いただけで美味しそう
ですよね

そのままですが
生クリームの2倍濃縮版が入って
濃厚な味わい
旨味、酸味が加わり
最後にレモンの爽やかさが
口の中に広がる、、

食欲のない朝や
忙しく時間のない時にも
おすすめいたします

そんな
プティデジュネの数々ですが
なんといっても
ひとつひとつ手仕事で作るため
一度に沢山ご用意ができません

お待たせしてしまうことも
あるかもしれませんが、、、
「毎週金曜日発送」
にて送らせていただきます
詳しくはタマミィーユオンラインショップを
ご覧下さいね~

タマミィーユプティデジュネ

102384618_2802206636574732_1349945570144715230_n
お届けはこのような状態で
着後すぐに冷凍保存でお日持ち10日
解凍後は当日中にお召し上がり下さい!

遠方の方々にも
是非パリの日常を感じて
もらいたい
私達のできることへの挑戦です

本日もお読みいただき
ありがとうございました~

マダム柳珠美

朱鷺色にときめいて。 私の知りたかったこと①【TamaMille1996デザイン編】


19275162_1199837423478336_1474984890897966421_n

千葉県の八千代市秀明大学前でケーキ屋のマダム柳珠美です
本職はヴァンドゥーズ(菓子販売員)ですが、パティシェール(女性の菓子職人)が夢だったのでクッキー作りなどもしています。小さな街からフランス菓子の美味しさと魅力、そしてマダムの日常をお届けします

【2019・10・22・Vol45】

Tamamille1996缶の
出来上がりを見た瞬間
素敵!
可愛い!
だけではない
後からじわりじわり
とくる愛着、、、

モノづくりに携わっているせいか
身の回りのことからアートなコトまで
どんな素材で
どんな風に
どんな気持ちで
出来上がるまでの工程を知りたい!
そんな衝動にかられます
なのでもちろん今回も。
完成までの道のりにとてもとても
興味が湧きました

そこで、
今回缶のデザインをして下さった
OOKIIINUの國影さんより
貴重なお時間をいただき、
お話を聞かせていただきました

【デザイン】
◯全体
「最初にお話をいただいた時
感じたのは、
タマミィーユさんでは
あたらしい美味しさが
常に生み出されていて、
いつもそれが思い出として
織り重なっていくような、
新しさと懐かしさの両方を
併せ持つ缶をつくりたい
ということでした。

タマミィーユさんをイメージした時
にまず思い浮かぶのが、
シェフとマダムの姿
お店のピンク色(朱鷺色)
お店のまわりのお花だったので
その3つは最初の打ち合わせの
時から取り入れたいと考えていました。
それと、
カメオ缶とペルルンのストーリーは
タマミィーユさんと
お菓子のミカタと私(aspilin)
をつなぐきっかけとなっているので、
その雰囲気も匂わせるような
デザインにしています。」

74269621_2283587258436675_6323529376952483840_n
こちらがお花の部分(サイドにも施してあります)
73024302_2283587055103362_7695908609279918080_n
ちなみにこちらが
紙袋のサイドの部分

國影さんは今は都内で
ブランディング事務所に在籍しながら
週末はご自身でデザイン
されています
以前は大阪のデザイン事務所
aspilinさんにいる時に
今でも大好評のデザイン缶を
生み出しましまた

タマミィーユでは
生マシュマロを詰めている
カメオ缶
042

ショコラ缶
DSC_0056

一口ケークをつめている
ビジュ缶
14695303_963625303766217_471159923095787988_n
これも彼女がデザインしたもの
もう溜息ものです

◯缶
「シンプルかつ深さを
感じられるような型にしたく
中央部分は大きめの凹凸に、
四隅はレースや刺繍のような
繊細なエンボスを施しました。
中央部分のイラストは
シェフがケーキをマダムに
手渡しているところで、
マダムの手からお客様のもとへ
運ぶ前のイメージを描いています。
(シルエットが結構そっくりに
描けた気がしているので
気に入っています。)」
71740271_2254652594663475_7147503120224878592_n

シルエットは正に!
照れくさいぐらいの
雰囲気
この缶がある限り
スマートな雰囲気を、、、

「今回印刷でチャレンジしてみて
イメージ通りにできたのが、
蓋の四隅のお花の部分と
胴のサイド部分の朱鷺色と
白の重なりです。
花柄の部分を浮き立たせつつ、
周りの光沢がある朱鷺色は
白を細かい網点で印刷することで、
缶の地の輝きを活かして
パールのような優しい光を
表現しています。
(これはカメオ缶をつくるときに
大阪製罐のみなさまに教えて
いただいたテクニック!)

水色を選んだのは、
以前お店にお伺いしたときが
雲ひとつない晴天で、
空の色とお店の朱鷺色の
コントラストがキレイだなと
思った思い出から…」

朱鷺色は
タマミィーユオープン当時
お店のイメックスカラーとして
シェフと私二人で決めた色

中でもこのデザイン缶で
この朱鷺色の綺麗さに
トキメキました!
ピンク系統でも
日本人古来の伝統色である
この朱鷺色は
心落ち着かせる雰囲気を持ち合わせ
缶の配色が
まさにピッタリだったのです

71763122_2254653144663420_4545722544895819776_n

サイドの模様は
光の角度によってグラデーション
になっているかのような印象
浮き立つ模様の謎は
色の付け方(重ね方)
だったんですね~
皆様にも是非注目して
ご覧いただきたい!!!

75204505_2283587305103337_4550254173479763968_n

◯紙袋
「紙袋はフレキソ印刷という
色数や製版に少々制限がある
印刷方法だったので、
条件の中で缶の印象と
いかに合わせるかを考えて
制作しました。
初めての印刷方法だったので
勉強になりました!」

この紙袋の柄が細かいために
版作りがかなり困難を極めていた様子。
國影さんと包材会社のデザイナー
さんとのやりとりは
1ヵ月以上かかりました
でもね、出来上がりは、、、

72567936_2254652844663450_1974253074193055744_n
怖ろしく可愛い♡
73001906_2283586971770037_192137814412886016_n
思い付きませんでした
この手提げ部分のゴールド!
流石です

完成後
國影さんがお菓子のミカタ
に来て下さり
菓子を詰め合わせた
TamaMille缶を
深い感謝の気持ちと共に
お渡しすることができました

國影さんはその菓子缶を
お祖父様の誕生日にと
贈ったそうです

側にいる
家族の喜びを我が喜びとする
彼女のデザインの魅力は
そんな所にもあるように
思えました

懐かしさと
愛らしさと
ロマンティックと。
そしてとうとうお店の外観までも
変えてしまいました!

71968881_3137549659650833_2731470926762737664_n

72254354_3137549749650824_8420855189983985664_n  72361820_698909937284508_9037952328681914368_n

じわりじわりとくる愛着は
日々募っています
そんな気持ちをお客様も心の何処かに
感じてもらえたら

國影さん、素敵なデザインを
ありがとうございました!

そして今回、沢山の方が
外観リニューアル工事に
尽力して下さいました。
台風19号の影響で
ご自身も被災されたり
補修工事で多忙な中
お時間を作って下さった方々に
心より感謝申し上げます

74580186_2283586928436708_1492327511307059200_n

菓子屋のマダムはこれからも!


19275162_1199837423478336_1474984890897966421_n

千葉県の八千代市秀明大学前でケーキ屋のマダム柳珠美です
本職はヴァンドゥーズ(菓子販売員)ですが、パティシェール(女性の菓子職人)が夢だったのでクッキー作りなどもしています。小さな街からフランス菓子の美味しさと魅力、そしてマダムの日常をお届けします

【2019・10・8・Vol44】

1週間が過ぎましたが、、
先週の水曜日恵比寿までトコトコと
出掛けてきました

前日に沢山の缶菓子を納品させてもらい
さぁ、準備万端!
翌日
お菓子のミカタTOKYO KO BHO
に到着するまで
頭の中で巡っていたのは
かれこれ5,6年前のこと

某業者の包材カタログで
見つけた2つの缶
それはそれは目を引くもので
とりあえずこれ欲しい!!
と気持ちを動かされたこと
今でも覚えています
ひとつはクラシカルな天使柄
もうひとつは
凹凸の起伏がある女性の横顔の缶
72108875_2254652937996774_7639456856221417472_n

すぐにそのカタログの会社に
問い合わせたところ
入荷未定、、、
ズーーーーーン

それでもあきらめきれず
独自で製造元を調べ
行き当たったのが大阪製缶さんでした

その頃、まだ個別の取引は
それほど積極的ではなかったような
そんな印象(違ったかな?)
それでも
「あの天使と女性の横顔の缶が
欲しいんです!」
と訴えた(笑)ような気がします
営業の長島さんが電話口だったけど
覚えてます?
長島さん、ちなみにポップアップの時
にも顔を出しに来てくれました↓

71904151_2254647357997332_8804338650746716160_n
渋い感じだけど、お喋り好き、ボクシング好き

そのどうしても欲しい缶を入手したのが
全ての始まり。
デザインを見て閃いた菓子を
作るようになったのです

それから間もなくして
あの放映が、、、
そう!草刈正雄さんご案内の
NHKの美の壺に登場!
https://www.nhk.or.jp/tsubo/program/file321.html

042

柳「缶を見たときに形、色使い、
哀愁を感じまして、絵柄が女性の横顔と
言うことでそこに真珠のネックレスを
イメージしました。」

缶の女性に似合う、
真珠のようなお菓子。

そこで思いついたのがこの
生マシュマロでした
お菓子と缶のコラボレーション
作り手の思いが伝わります

そんなことを言ってたんですね~
シェフ♪
この大ヒットのお陰様で
缶と菓子のコラボレーションが
まさに実現!

その後、お菓子のミカタさんの
精力的な創作活動?がスタート!
うちのような個人の洋菓子店のために
素敵なデザイン缶を次々と
生み出して
くれました
それも物凄いスピードで
新缶、新作
かれこれもう10缶ぐらい
でしょうか
清水社長の目標は
まだまだみたいですけどね
72466570_2254653254663409_4300697594121682944_n
この右端の方が、アノ有名な
大阪製缶の清水社長

ちなみにその隣の可愛らしい女性は
今回の菓子缶、揃いの手提げ袋
のデザインをしてくださった
ookiiinu の國影さん♪

数年缶にわたり
そんな風にお付き合いを
させていただいていました
閃き菓子もあれば
私達が大好きな
フランス古典菓子、伝統菓子
これ是非食べてもらいたい!
菓子シリーズで詰めてみたり

お客様にドキドキワクワク
喜んでいただくのはもちろん、
私達自身もとても楽しかった~
代表作(うちの)スズラン缶
今人気のサーカス缶
太陽と月の缶を生み出した
aspilinさん
sすずらん22
こちらがスズラン缶
52797069_1886097638185641_8754683369901522944_n
で、印象的なサーカス缶
67240923_2105882129540523_8080983621713788928_n
太陽と月缶
35771090_1531257740336301_6903777470072225792_n
園下さん、マイコちゃん素敵なお二人~

この方達に会いに
大阪に行くことなるとは
そんな機会を作って
下さった缶カン社長!(右端です)

新しいお菓子を生み出す
そんな楽しい作業の傍ら
今あるお菓子の存在が
最も私達らしい
タマミィーユらしい菓子では
ないの??
シェフ、私と
強くそう思うようになりました

そして
なんとは無しに
「オリジナル缶、
作りたいんですよね~」と
清水社長に相談

「やりましょう!
絶対素敵な缶作りましょう!!」
と私達の地味~な缶デザインの
提案を蹴飛ばし(笑)
「せっかく作るんだから
いいものを!!」
という熱い熱い提案をいただき。
ひとつ相談で
デザイナーさんの手配から
日程までささささーーっと
段取りくんで下さいました

え?
え?

最初は圧倒されていましたが
現実?あーこれは現実なんだと
少したってから実感。
まさにそんなスピードでした

そんなこんなで4月に打ち合わせ
72100762_2254742237987844_8499066157897089024_n
社長寝てる風ですが、大真面目です

デザイナーの國影さんは
実は数か月前に私が不覚にも不在の時
わざわざお店まで訪ねてくれていて

タマミィーユのイメージはおぼろげに
描いていたようです
彼女にお願いする!という
清水社長の提案に
実はとてもドキドキして
いました
だって、かの有名な宝石缶
ビジュ缶をデザインした方!
72084220_2254742207987847_1881417128456749056_n

デザインをお願いするのに
期待の他には何もなかったのですが

ほんの短い歴史
私達の23年間の軌跡、
菓子を愛する気持ち
お客様に寄り添いたい
そんな想い
そして、職人として変わらず
日々菓子を作り続けていく
それは仕事でもあり、
人生でもありなんてことを
ひっくるめて、
イメージをお伝えして
あとは國影さんに全てを
お任せしました

是非作りたかったオリジナル手提げも
とことん、
時間をかけて作っていただきました

偶然とでもいいましょうか、
この缶を作る時期と
お店の外装(ペンキの塗り直し)と
テラスを作ろう!という時期が重なり
お店の窓枠にひとつ缶で使われている
印象的な色を取り混ぜ
デザイン缶とお揃い?の
テラスも新設!
缶に合わせてお店もリニューアル!
ぐらいの感じになってます
72254354_3137549749650824_8420855189983985664_n

71968881_3137549659650833_2731470926762737664_n
爽やかですよね~
気分も一転、お客様にも
綺麗になったわね~と華やいだ
お言葉いただいています♪
ここ数か月で、
それぞれの分野で粛々と
仕事に向かう
そんな人達にとことん
力をいただき

ポップアップストア開催の時も
お会いしたことのないお客様から
メッセージ付きのお花をいただいたり
知人からのサプライズで
素敵なお花や健康ドリンク(笑)
学生時代の友人も訪れてくれました
そして
少し縁遠くなっていた方からまでも
71495222_2254652977996770_7990970985614409728_n

71580671_2254653321330069_3369317713892605952_n

72264583_2254653377996730_7485166667283038208_n

遠くから見守っていただいているような
こんな小さな私達のことを
気に掛けて下さっているという
包まれるような気持ちにさえ
なりました

缶作り
お店作り
菓子作りに全てにおいて
私達二人ではできない
ということ
そのお力添え(と勝手に思ってます)
は私達の菓子作りの
原動力となることを実感しました

そして、
8月から2か月間
現場監督のように
足繁く通い、今日の看板取り付けまで
見守ってくれた父
72092512_2254652491330152_942915221788295168_n
孫の面倒まで見てもらってます♪

御年84歳。
きっとタマミィーユリニューアル
完成までは元気でいなきゃなぁ!
と元気の源になっていたのでは。笑
いえいえ
感謝以外の言葉は見つかりません

家族があり
お客様がいて
心強い仕事仲間がいて
大好きな菓子が側にあって。

これからも元気な限り続けていく
菓子屋のマダム
決して当たり前ではない
人生の中での今の幸せな時間を
いただいた気持ちを菓子に込めて

これからも。

来週18、19、20日の3日間
23周年アニバーサリーフェア
開催します!

①全品15%OFF(缶菓子除く)
②オリジナルクッキー缶
TamaMille1996(税込3500円)の販売開始
③テラスでムラングシャンティー
特別価格(税込み)¥108
72567287_2254652821330119_4280838249460531200_n 72567936_2254652844663450_1974253074193055744_n
コレです!TamaMille1996缶
71931756_2254652904663444_4736925452302548992_n

爽やか~なテラスで
シェフ、スタッフまゆさんと
皆様をお待ちしております!

長文お読みいただき
ありがとうございました♪

71897537_2254653097996758_3013724855922065408_n
大阪製缶 石橋常務、
製造次長北野さんと