カテゴリー別アーカイブ: 未分類

朱鷺色にときめいて。 私の知りたかったこと①【TamaMille1996デザイン編】


19275162_1199837423478336_1474984890897966421_n

千葉県の八千代市秀明大学前でケーキ屋のマダム柳珠美です
本職はヴァンドゥーズ(菓子販売員)ですが、パティシェール(女性の菓子職人)が夢だったのでクッキー作りなどもしています。小さな街からフランス菓子の美味しさと魅力、そしてマダムの日常をお届けします

【2019・10・22・Vol45】

Tamamille1996缶の
出来上がりを見た瞬間
素敵!
可愛い!
だけではない
後からじわりじわり
とくる愛着、、、

モノづくりに携わっているせいか
身の回りのことからアートなコトまで
どんな素材で
どんな風に
どんな気持ちで
出来上がるまでの工程を知りたい!
そんな衝動にかられます
なのでもちろん今回も。
完成までの道のりにとてもとても
興味が湧きました

そこで、
今回缶のデザインをして下さった
OOKIIINUの國影さんより
貴重なお時間をいただき、
お話を聞かせていただきました

【デザイン】
◯全体
「最初にお話をいただいた時
感じたのは、
タマミィーユさんでは
あたらしい美味しさが
常に生み出されていて、
いつもそれが思い出として
織り重なっていくような、
新しさと懐かしさの両方を
併せ持つ缶をつくりたい
ということでした。

タマミィーユさんをイメージした時
にまず思い浮かぶのが、
シェフとマダムの姿
お店のピンク色(朱鷺色)
お店のまわりのお花だったので
その3つは最初の打ち合わせの
時から取り入れたいと考えていました。
それと、
カメオ缶とペルルンのストーリーは
タマミィーユさんと
お菓子のミカタと私(aspilin)
をつなぐきっかけとなっているので、
その雰囲気も匂わせるような
デザインにしています。」

74269621_2283587258436675_6323529376952483840_n
こちらがお花の部分(サイドにも施してあります)
73024302_2283587055103362_7695908609279918080_n
ちなみにこちらが
紙袋のサイドの部分

國影さんは今は都内で
ブランディング事務所に在籍しながら
週末はご自身でデザイン
されています
以前は大阪のデザイン事務所
aspilinさんにいる時に
今でも大好評のデザイン缶を
生み出しましまた

タマミィーユでは
生マシュマロを詰めている
カメオ缶
042

ショコラ缶
DSC_0056

一口ケークをつめている
ビジュ缶
14695303_963625303766217_471159923095787988_n
これも彼女がデザインしたもの
もう溜息ものです

◯缶
「シンプルかつ深さを
感じられるような型にしたく
中央部分は大きめの凹凸に、
四隅はレースや刺繍のような
繊細なエンボスを施しました。
中央部分のイラストは
シェフがケーキをマダムに
手渡しているところで、
マダムの手からお客様のもとへ
運ぶ前のイメージを描いています。
(シルエットが結構そっくりに
描けた気がしているので
気に入っています。)」
71740271_2254652594663475_7147503120224878592_n

シルエットは正に!
照れくさいぐらいの
雰囲気
この缶がある限り
スマートな雰囲気を、、、

「今回印刷でチャレンジしてみて
イメージ通りにできたのが、
蓋の四隅のお花の部分と
胴のサイド部分の朱鷺色と
白の重なりです。
花柄の部分を浮き立たせつつ、
周りの光沢がある朱鷺色は
白を細かい網点で印刷することで、
缶の地の輝きを活かして
パールのような優しい光を
表現しています。
(これはカメオ缶をつくるときに
大阪製罐のみなさまに教えて
いただいたテクニック!)

水色を選んだのは、
以前お店にお伺いしたときが
雲ひとつない晴天で、
空の色とお店の朱鷺色の
コントラストがキレイだなと
思った思い出から…」

朱鷺色は
タマミィーユオープン当時
お店のイメックスカラーとして
シェフと私二人で決めた色

中でもこのデザイン缶で
この朱鷺色の綺麗さに
トキメキました!
ピンク系統でも
日本人古来の伝統色である
この朱鷺色は
心落ち着かせる雰囲気を持ち合わせ
缶の配色が
まさにピッタリだったのです

71763122_2254653144663420_4545722544895819776_n

サイドの模様は
光の角度によってグラデーション
になっているかのような印象
浮き立つ模様の謎は
色の付け方(重ね方)
だったんですね~
皆様にも是非注目して
ご覧いただきたい!!!

75204505_2283587305103337_4550254173479763968_n

◯紙袋
「紙袋はフレキソ印刷という
色数や製版に少々制限がある
印刷方法だったので、
条件の中で缶の印象と
いかに合わせるかを考えて
制作しました。
初めての印刷方法だったので
勉強になりました!」

この紙袋の柄が細かいために
版作りがかなり困難を極めていた様子。
國影さんと包材会社のデザイナー
さんとのやりとりは
1ヵ月以上かかりました
でもね、出来上がりは、、、

72567936_2254652844663450_1974253074193055744_n
怖ろしく可愛い♡
73001906_2283586971770037_192137814412886016_n
思い付きませんでした
この手提げ部分のゴールド!
流石です

完成後
國影さんがお菓子のミカタ
に来て下さり
菓子を詰め合わせた
TamaMille缶を
深い感謝の気持ちと共に
お渡しすることができました

國影さんはその菓子缶を
お祖父様の誕生日にと
贈ったそうです

側にいる
家族の喜びを我が喜びとする
彼女のデザインの魅力は
そんな所にもあるように
思えました

懐かしさと
愛らしさと
ロマンティックと。
そしてとうとうお店の外観までも
変えてしまいました!

71968881_3137549659650833_2731470926762737664_n

72254354_3137549749650824_8420855189983985664_n  72361820_698909937284508_9037952328681914368_n

じわりじわりとくる愛着は
日々募っています
そんな気持ちをお客様も心の何処かに
感じてもらえたら

國影さん、素敵なデザインを
ありがとうございました!

そして今回、沢山の方が
外観リニューアル工事に
尽力して下さいました。
台風19号の影響で
ご自身も被災されたり
補修工事で多忙な中
お時間を作って下さった方々に
心より感謝申し上げます

74580186_2283586928436708_1492327511307059200_n

菓子屋のマダムはこれからも!


19275162_1199837423478336_1474984890897966421_n

千葉県の八千代市秀明大学前でケーキ屋のマダム柳珠美です
本職はヴァンドゥーズ(菓子販売員)ですが、パティシェール(女性の菓子職人)が夢だったのでクッキー作りなどもしています。小さな街からフランス菓子の美味しさと魅力、そしてマダムの日常をお届けします

【2019・10・8・Vol44】

1週間が過ぎましたが、、
先週の水曜日恵比寿までトコトコと
出掛けてきました

前日に沢山の缶菓子を納品させてもらい
さぁ、準備万端!
翌日
お菓子のミカタTOKYO KO BHO
に到着するまで
頭の中で巡っていたのは
かれこれ5,6年前のこと

某業者の包材カタログで
見つけた2つの缶
それはそれは目を引くもので
とりあえずこれ欲しい!!
と気持ちを動かされたこと
今でも覚えています
ひとつはクラシカルな天使柄
もうひとつは
凹凸の起伏がある女性の横顔の缶
72108875_2254652937996774_7639456856221417472_n

すぐにそのカタログの会社に
問い合わせたところ
入荷未定、、、
ズーーーーーン

それでもあきらめきれず
独自で製造元を調べ
行き当たったのが大阪製缶さんでした

その頃、まだ個別の取引は
それほど積極的ではなかったような
そんな印象(違ったかな?)
それでも
「あの天使と女性の横顔の缶が
欲しいんです!」
と訴えた(笑)ような気がします
営業の長島さんが電話口だったけど
覚えてます?
長島さん、ちなみにポップアップの時
にも顔を出しに来てくれました↓

71904151_2254647357997332_8804338650746716160_n
渋い感じだけど、お喋り好き、ボクシング好き

そのどうしても欲しい缶を入手したのが
全ての始まり。
デザインを見て閃いた菓子を
作るようになったのです

それから間もなくして
あの放映が、、、
そう!草刈正雄さんご案内の
NHKの美の壺に登場!
https://www.nhk.or.jp/tsubo/program/file321.html

042

柳「缶を見たときに形、色使い、
哀愁を感じまして、絵柄が女性の横顔と
言うことでそこに真珠のネックレスを
イメージしました。」

缶の女性に似合う、
真珠のようなお菓子。

そこで思いついたのがこの
生マシュマロでした
お菓子と缶のコラボレーション
作り手の思いが伝わります

そんなことを言ってたんですね~
シェフ♪
この大ヒットのお陰様で
缶と菓子のコラボレーションが
まさに実現!

その後、お菓子のミカタさんの
精力的な創作活動?がスタート!
うちのような個人の洋菓子店のために
素敵なデザイン缶を次々と
生み出して
くれました
それも物凄いスピードで
新缶、新作
かれこれもう10缶ぐらい
でしょうか
清水社長の目標は
まだまだみたいですけどね
72466570_2254653254663409_4300697594121682944_n
この右端の方が、アノ有名な
大阪製缶の清水社長

ちなみにその隣の可愛らしい女性は
今回の菓子缶、揃いの手提げ袋
のデザインをしてくださった
ookiiinu の國影さん♪

数年缶にわたり
そんな風にお付き合いを
させていただいていました
閃き菓子もあれば
私達が大好きな
フランス古典菓子、伝統菓子
これ是非食べてもらいたい!
菓子シリーズで詰めてみたり

お客様にドキドキワクワク
喜んでいただくのはもちろん、
私達自身もとても楽しかった~
代表作(うちの)スズラン缶
今人気のサーカス缶
太陽と月の缶を生み出した
aspilinさん
sすずらん22
こちらがスズラン缶
52797069_1886097638185641_8754683369901522944_n
で、印象的なサーカス缶
67240923_2105882129540523_8080983621713788928_n
太陽と月缶
35771090_1531257740336301_6903777470072225792_n
園下さん、マイコちゃん素敵なお二人~

この方達に会いに
大阪に行くことなるとは
そんな機会を作って
下さった缶カン社長!(右端です)

新しいお菓子を生み出す
そんな楽しい作業の傍ら
今あるお菓子の存在が
最も私達らしい
タマミィーユらしい菓子では
ないの??
シェフ、私と
強くそう思うようになりました

そして
なんとは無しに
「オリジナル缶、
作りたいんですよね~」と
清水社長に相談

「やりましょう!
絶対素敵な缶作りましょう!!」
と私達の地味~な缶デザインの
提案を蹴飛ばし(笑)
「せっかく作るんだから
いいものを!!」
という熱い熱い提案をいただき。
ひとつ相談で
デザイナーさんの手配から
日程までささささーーっと
段取りくんで下さいました

え?
え?

最初は圧倒されていましたが
現実?あーこれは現実なんだと
少したってから実感。
まさにそんなスピードでした

そんなこんなで4月に打ち合わせ
72100762_2254742237987844_8499066157897089024_n
社長寝てる風ですが、大真面目です

デザイナーの國影さんは
実は数か月前に私が不覚にも不在の時
わざわざお店まで訪ねてくれていて

タマミィーユのイメージはおぼろげに
描いていたようです
彼女にお願いする!という
清水社長の提案に
実はとてもドキドキして
いました
だって、かの有名な宝石缶
ビジュ缶をデザインした方!
72084220_2254742207987847_1881417128456749056_n

デザインをお願いするのに
期待の他には何もなかったのですが

ほんの短い歴史
私達の23年間の軌跡、
菓子を愛する気持ち
お客様に寄り添いたい
そんな想い
そして、職人として変わらず
日々菓子を作り続けていく
それは仕事でもあり、
人生でもありなんてことを
ひっくるめて、
イメージをお伝えして
あとは國影さんに全てを
お任せしました

是非作りたかったオリジナル手提げも
とことん、
時間をかけて作っていただきました

偶然とでもいいましょうか、
この缶を作る時期と
お店の外装(ペンキの塗り直し)と
テラスを作ろう!という時期が重なり
お店の窓枠にひとつ缶で使われている
印象的な色を取り混ぜ
デザイン缶とお揃い?の
テラスも新設!
缶に合わせてお店もリニューアル!
ぐらいの感じになってます
72254354_3137549749650824_8420855189983985664_n

71968881_3137549659650833_2731470926762737664_n
爽やかですよね~
気分も一転、お客様にも
綺麗になったわね~と華やいだ
お言葉いただいています♪
ここ数か月で、
それぞれの分野で粛々と
仕事に向かう
そんな人達にとことん
力をいただき

ポップアップストア開催の時も
お会いしたことのないお客様から
メッセージ付きのお花をいただいたり
知人からのサプライズで
素敵なお花や健康ドリンク(笑)
学生時代の友人も訪れてくれました
そして
少し縁遠くなっていた方からまでも
71495222_2254652977996770_7990970985614409728_n

71580671_2254653321330069_3369317713892605952_n

72264583_2254653377996730_7485166667283038208_n

遠くから見守っていただいているような
こんな小さな私達のことを
気に掛けて下さっているという
包まれるような気持ちにさえ
なりました

缶作り
お店作り
菓子作りに全てにおいて
私達二人ではできない
ということ
そのお力添え(と勝手に思ってます)
は私達の菓子作りの
原動力となることを実感しました

そして、
8月から2か月間
現場監督のように
足繁く通い、今日の看板取り付けまで
見守ってくれた父
72092512_2254652491330152_942915221788295168_n
孫の面倒まで見てもらってます♪

御年84歳。
きっとタマミィーユリニューアル
完成までは元気でいなきゃなぁ!
と元気の源になっていたのでは。笑
いえいえ
感謝以外の言葉は見つかりません

家族があり
お客様がいて
心強い仕事仲間がいて
大好きな菓子が側にあって。

これからも元気な限り続けていく
菓子屋のマダム
決して当たり前ではない
人生の中での今の幸せな時間を
いただいた気持ちを菓子に込めて

これからも。

来週18、19、20日の3日間
23周年アニバーサリーフェア
開催します!

①全品15%OFF(缶菓子除く)
②オリジナルクッキー缶
TamaMille1996(税込3500円)の販売開始
③テラスでムラングシャンティー
特別価格(税込み)¥108
72567287_2254652821330119_4280838249460531200_n 72567936_2254652844663450_1974253074193055744_n
コレです!TamaMille1996缶
71931756_2254652904663444_4736925452302548992_n

爽やか~なテラスで
シェフ、スタッフまゆさんと
皆様をお待ちしております!

長文お読みいただき
ありがとうございました♪

71897537_2254653097996758_3013724855922065408_n
大阪製缶 石橋常務、
製造次長北野さんと

 

 

あのマダムがいるお店


19275162_1199837423478336_1474984890897966421_n

千葉県の八千代市秀明大学前でケーキ屋のマダム柳珠美です
本職はヴァンドゥーズ(菓子販売員)ですが、パティシェール(女性の菓子職人)が夢だったのでクッキー作りなどもしています。小さな街からフランス菓子の美味しさと魅力、そしてマダムの日常をお届けします

【2019・7・27・Vol43】
月曜日から木曜日までの
4日間久しぶりに
少しまとまった
夏休みをいただきました

初日は白熱高校野球県予選

高校生の汚れなき心意気と
そのレベルの高さは
やはり胸をうつものがあり

高校生たちの懸命な姿
たまらないです

67380359_2125333697595366_3974576690067144704_n

2日目は両国、築地散策

築地場外市場では
お買い物していないのに寄ってきな~
とサービス精神たっぷりのおいちゃん

67265334_2125382620923807_5398097476672552960_n

67379570_2125382647590471_2118641791556124672_n
あっもちろん
美味しいものも
いただいちゃいました♪

そして築地に来たならココ!
と急遽立ち寄った
お菓子のミカタ繋がりのケーキ屋さん
67243789_2125385627590173_8074217257221226496_n

67813323_2125333627595373_9187949800887156736_n

マダムニーナさんが笑顔で
出迎えてくれました

そして、
食べ歩きツアー?メインの
ちゃんこ鍋(割烹)吉葉さん

元々稽古場だった場所はそのまま
土俵がある店内は相撲好きには
たまらない雰囲気
そして、手際のよいお姉さんと
期待を上回るちゃんこのお味
その日は三味線の生演奏もありました

三味線の全国大会優勝!
という腕前の持ち主のお姉さん達は
迫力あり、カッコよかった~

67601177_2125333587595377_6012208049731665920_n

67365022_2125333467595389_995076186553974784_n

翌日
この道50年の江戸風鈴職人さん
へ風鈴を教わりに
ガラスを溶かす炉があり
ともかく暑い!

大変なお仕事です

大将はこの道50年。
風鈴にまつわる話が聞けた
ことはとても貴重な体験でした

手作りの江戸風鈴は
ふわりとその時代へと
連れて行ってくれるようで。
67497935_2125333414262061_59343275366023168_n

夕飯に食したラーメンは
ネギ、ねぎ、ネギ!の迫力だけではなく
厨房がとにかく美しい!
ピッカピカ☆
菓子職人たるもの
厨房の掃除は技術のひとつ
と思うところがあるので
綺麗に磨かれた厨房を
みると
「ほほーーーーっ」と
感心しきり。
そんな心意気が
ラーメン作りにも必ずや
反映される。と
67237230_2125333234262079_8396144701236838400_n
それにしても
食べてばかり。のような、、、

最終日は
ひょんなことで決行された
はとバス東京ツアー

王道のコースもガイドさんの案内で
ひと味もふた味も違ったものに
二十歳ーー!
という年齢を感じさせない
流暢なガイド、優しい心遣い
67403628_2125333007595435_1514156278862053376_n

旅行ではなかったけど
よく食べて、飲んで
笑った4日間

色々なお店、人との出会いは
それぞれ私達を
惹き付ける力がありました

しっかりと根付いた技術
伝えたいという熱い想い
そして
細やかな心遣い、
温かさを感じる人間力

素敵よね~あのお店!」
美味しい菓子、素敵な菓子
だけれはない
あの人がいるお店
あのマダムがいるお店でありたい

そんなことを思った夏休み前半戦
もうそろそろ梅雨明け?
暑さに負けずー
さぁ仕事頑張ろうっと

 

 

 

 

マダムフランスへ行く!フランス大使館編

19275162_1199837423478336_1474984890897966421_n
千葉県の八千代市秀明大学前でケーキ屋のマダム柳珠美です
本職はヴァンドゥーズ(菓子販売員)ですが、パティシェール(女性の菓子職人)が夢だったのでクッキー作りなどもしています。小さな街からフランス菓子の美味しさと魅力、そしてマダムの日常をお届けします

【2019・4・24・Vol42】

一昨日の出来事、貴重な体験となったので
記しておこうと思います。
久しぶり過ぎてびっくりですが、、

オープンして23年
夏休みなど
特別ではない時に
日曜にお休みをいただくのは
初めて!ぐらいな感覚でした

普段とは違うお休み
そう、とても特別なことが!
私達に一通の招待状がメールで届きました

57198721_1954158574712880_6093709293305987072_n

 

フランス大使館より、、、

えっっっっっ!!

この間応募したクイズが正解
&抽選で当たり
「草上の昼食」というピクニック
&エッグハントイベントに
ご招待との案内でした

びっくり!やら嬉しいやら
嬉しいやらで、
ここはフランス語を思い出して
喋ってもらおうとシェフと二人
参加することに

当日はお天道様が見方してくれました~

57358094_1964450850350319_3606140110355038208_n

とその前に、入り口では日本の中のフランス
なので厳重なセキュリティチェック!
免許証かパスポート必須だったのですが
まわりにはパスポート持参の人々が
多数いて、ドキドキ。
一歩中に入ると、そこには
お手伝いのフランス人の学生さん達が
バスケットを配っていました
で、もうシェフはご機嫌です

57511490_2684947618244375_5973535232190578688_n

そして中身を覗いた私も
間違いなく、、♬♬♬

58372511_1964450927016978_3946920253186899968_n

57352995_1964450757016995_1032663017319301120_n

57467980_1964451020350302_7176989780108902400_n

 

まさにフランスの日常が詰まった
バスケット!!

緑に囲まれ、美しく手入れされた芝に
フランスカラーの敷物を敷いて
さっそくランチ会スタートです

バゲット、シャンパン、フロマージュ
コンフィチュール、パテ、マカロン
オランジーナ、エビアンなどなど
わぁこれも入ってる!
これも、これも!と
大人気なくはしゃいでしまいました♪

57352981_1964450887016982_7603418666108977152_n

57534122_1964451247016946_7664432786832359424_n

途中からMCの美女クララさんが現れ
その流暢な日本語と
歌うようなフランス語をBGMに
のんびりと過ごす至福の時間

この日はイースター
ちょっとすると、子供達お楽しみの
エッグハントが始まりました
園の中に隠された
卵型のチョコレートを皆で探すゲーム
です。
4チームに分かれてゲームスタート!
大小様々なチョコ
(しかも最高級ショコラヴァローナ!)
が隠されていて
大人も子供も一緒に探し歩きます

緑に囲まれた庭(公園)で
親しい人と
バゲット、フロマージュ、ワインを
片手に過ごすゆったりと過ごす休日
これこそ、フランスの日常!
をじっくりと噛み締めることが
できました~

58375880_1964451390350265_337556714041638912_n

57503576_1964451303683607_8639158791272660992_n
公邸内のスタッフの愛犬
せレナ
5か月の子犬ちゃんは
皆の人気者。可愛かった~♡

58374451_1964616850333719_6890338263999971328_n

そして、タマミィーユは
日曜日なのにもかかわらず
臨時休業
あちらこちらで告知をしてはいたけど
ご来店いただくお客様も
いたのではーと気がかりでした

翌日、いつも通りにお店は営業
デコレーションのご予約の来られた
お客様に帰り際
「昨日、フランス大使館のランチ会に
いらしたのね~、素敵!。
昨日表の黒板に書いてあって~
お休み調べないないできちゃったのよね」
ご迷惑をかけてしまったのにも
関わらず
温かなひと言

あ~行ってよかった!という想いと
こんな言葉をかけて下さる方が
お客様であることに
心より感謝!

そして、あらためて
日本とフランスが寄り添える存在で
あり続けることを願いつつ
バゲッド、フロマージュの美味しさ
も再認識!!!
私達にできることは続けて
いきたいなーと思った出来事でした♪
来年も行きたいなーーーー

最後までお読みいただき
ありがとうございました♪

 

どうやっておいておく?どのタイミングが美味しいの?缶菓子編

19275162_1199837423478336_1474984890897966421_n
千葉県の八千代市秀明大学前でケーキ屋のマダム柳珠美です
本職はヴァンドゥーズ(菓子販売員)ですが、パティシェール(女性の菓子職人)が夢だったのでクッキー作りなどもしています。小さな街からフランス菓子の美味しさと魅力、そしてマダムの日常をお届けします

【2018・10・18・Vol41】

最近、缶入り菓子の保存方法

温度管理のことについて

よくお問合せをいただきます。

オンラインショップのページや

菓子と一緒に保存方法などの栞は

いれさせてもらっていますが

なにしろ、ここ数年で缶入りのお菓子が

ビックリするほど増えて

しかも焼き菓子だけではなく

クッキー、生マシュマロ、ケーキと

様々なジャンルに及んでいるので

すこーしわかりずらいかと。

今回は商品の保存方法や美味しく召し上がって

いただけるポイントを整理しようと思います

sすずらん22
①スズランの雫【常温保存】
マカロンラスク。乾き菓子(クッキー類)

なので常温で3週間程度。秋、冬、春はお部屋に

おいてでいいのですが、夏場はできるだけ

涼しい場所に。

配送は常温便、クール便となります

春ミロ⑥
②ミロワール【常温保存】
アーモンドの乾き菓子(クッキー類)

常温で3週間。お部屋の涼しい所で

大丈夫です。湿気に弱いお菓子なので

夏場は製造を休止しています。

配送は常温便、クール便となります

DSC_0267 (1)
③モンボヤージュ【常温保存】
メレンゲとチョコの焼き菓子。

秋、冬、春先まで製造しています

季節問わず湿気のない涼しい場所

で3週間程度保存がおすすめです。

配送は常温便のみです

特にこの菓子は開封後なるべく

早くにお召し上がりください!

冷蔵品とは一緒に配送ができませんで

お気をつけください

DSC_0126
④キャトルビジュー【要冷蔵・冬季のみ常温】
一口サイズのフルーツケーキ。

年間通して作っています。

春先から秋口までは要冷蔵で

配送もクール便(冷蔵もしくは冷凍)です

冬のみ11月上中旬~2月末頃までは

常温便で配送可能、保存方法も

常温で大丈夫です。

冷蔵保存の場合は冷蔵庫からだして

15分ぐらいおいてからが

しっとりと美味しくお召し上がりいただけます

DSC_0024
⑤マドレーヌ(フルール&プティローズ)【要冷蔵】
ひと口サイズのマドレーヌ。

保存料を使用せず、個包装もしていないため

賞味期限は5日間と短く

要冷蔵にて保存となります

冷蔵庫からだして10~15分ぐらいおいて

からが美味しくお召し上がりいただけます

引菓子等のお問合せもよくいただきますが

要冷蔵品なのでお持ち歩きが長いと

あまりおすすめしておりません

S-DSC_0054
⑥プティKOWA幽子ちゃん【要冷蔵もしくは冷凍】
ミントチョコ味の生マシュマロと、ミント味

の生チョコの詰め合わせ

お届けはクールの冷凍便、保存はそのまま

冷凍でも冷蔵庫でも大丈夫です。

特に夏場は冷凍庫からだしてすぐ召し上がる

こともおすすめしています。

要冷蔵で5日間すぐ冷凍で2週間。

但し冷蔵保存後の冷凍はおやめください

DSC_0454
⑦ペルルン【要冷蔵】
生マシュマロ。季節により風味がかわります

保存は要冷蔵にて5日間ですが、配送は同送の

商品によって冷蔵の場合、冷凍の場合とあります

冷凍で保存もできますが、なるべく早めに

お召し上がりくださいね

DSC_0081
⑧エトワール【常温】
星の王子様の缶に入った、チョコクッキーと

プチメレンゲ。チョコレート商品のため

保存は15℃程度の室温にて、発送も常温便

で送らせていただきます。11月中旬頃から

3月中旬頃まで製造しています。

冷蔵品とは一緒に配送ができません。

DSC_0056
⑨ショコラ【要冷蔵】
ひと口サイズの生チョコレート。

お日持ちは要冷蔵にて1週間

配送はクール便(冷蔵もしくは冷凍)

にてお送りしています。

DSC_0014 (1)
⑩ノスタルジー【要冷蔵】
缶入り菓子初の生ケーキ、

バタークリームのロールケーキです

お日持ちは要冷蔵で3日間

配送はクールの冷凍便でお送りしています

ので、到着後冷蔵庫にて1時間~2時間程度

ゆっくりと解凍後、室温で20分程度

おいてからお召し上がり下さい。

季節により夏場は5分程度でも。

ふー

解説が長々となってしまいましたが

念の為、まとめさせていただきます

冷蔵品を冷凍でお届けしている場合、

到着後冷蔵庫にて保存した時には

解凍後の再冷凍はおすすめしていません

なぜなら

こちらで急速に冷凍庫し保存しているので

解凍後の再冷凍はお菓子に負担がかかります

美味しさも半減してしまうのです。

付け加えると

ケーキ屋さんの冷凍庫は急速冷凍といって

一気にマイナス20度まで下げることができ

ケーキの美味しさを閉じ込めることができます

お届けした菓子は是非とも

美味しい状態で召し上がっていただきたい!

あとはこちらは全商品にあてはまるのですが

開封後はできるだけ早くに召し上がって

いただきたいと思っています。

クッキーなどの乾き菓子には乾燥剤シリカゲル

を入れていますが、まさに湿気をとるためのもの

乾燥焼きをしているぐらいですから

湿度が苦手なんですよね

日本は湿度が高い!!

特に夏場はこの条件にあてはまらない菓子は

お休みさせてもらっています。

(モンボヤージュ、ミロワール)

さらに半生焼菓子、要冷蔵の菓子も

せっかくしっとりしているところが

今度は乾燥してしまうのです

湿度が苦手、乾燥苦手、お菓子って

デリケートなんですよね

このお菓子はどのくらいもつの?

どれとどれは一緒に送ってもらえるのかしら?

そんな時にこちらを見ていただけたら

幸いです。

さらにわからない事がある時には

いつでもお問合せお待ちしております

さてさて

本日もお読みいただき

ありがとうございました♪

ケーキのおはなし

19275162_1199837423478336_1474984890897966421_n
千葉県の八千代市秀明大学前でケーキ屋のマダム柳珠美です
本職はヴァンドゥーズ(菓子販売員)ですが、パティシェール(女性の菓子職人)が夢だったのでクッキー作りなどもしています。小さな街からフランス菓子の美味しさと魅力、そしてマダムの日常をお届けします

【2018・10・1・Vol40】

今回はケーキのおはなしです。

本日より暦変わりました

ショーケースのお菓子も少しずつ

変わってきてはいましたが

涼しさ、清々しい秋風を感じるよになり

初めて嗜好も変わっていくようです

ここ1、2週間で

モンブラン、チョコ系のケーキの

オーダーが増えました。

終売のケーキがあれば↓

1538114194969

(きらきら光るスープレーム)

衣替えで新しいケーキも並んでいます↓

43021466_1676655692463171_7822426964156743680_n

 

先日、このアラハンブラの名前の由来は?

と聞かれました。が、

残念ながらシェフも????

調べてみたものの?????

結局わからずじまいでしたが

ただ、シェフがこんなエピソードを

聞かせてくれました

その昔、

ペルティエの創始者ルシアンペルティエが

健在だった頃、

そのお店のスペシャリテがこのアルハンブラでした。

同時期に一緒に働いていたムッシュモネも

またこの菓子を作っていたそうです

そして、我がシェフが渡仏し初めて働いた

オテルメルディアンのシェフが

ムッシュモネでした。

右も左もわからない彼を誘い

夜のシャンゼリゼ通りを一緒に走ろうと

誘ってくれたり、家に招待され夕食を

ご馳走になったり。

よほど想い出深かったのかそんな

エピソードを私は何度となく聞いていました

 

その時代に、その空間で

様々な想いの中で習ったお菓子。

モネ氏から直々に伝授してもらった

大事なルセットゥ(配合)、教え。

いつも菓子の側にいる私ですが

そんな話を聞くと、

伝わってきたものはきちんと伝えて

いかなければ。伝えていこうと思うのです。

身近にある、見映えのする

そんなお菓子もあっていいのだけど

「フランス菓子」

という看板を掲げている以上

やるべきことはやらねば!

という想いがあります

そして何より、

時代が移り変わっても

確かな味を是非皆さんにも

知っていただきたいと思うのです。

想い、技術、味わい、楽しみ、喜び

お菓子の世界は沢山のことを

私達に教えてくれています。

また機会があれば

こんなお話も書かせてもらおうかと

思います♪

さてさて、

本日もお読みいただきありがとう

ございました~

 

発想力は原動力♪

19275162_1199837423478336_1474984890897966421_n
千葉県の八千代市秀明大学前でケーキ屋のマダム柳珠美です
本職はヴァンドゥーズ(菓子販売員)ですが、パティシェール(女性の菓子職人)が夢だったのでクッキー作りなどもしています。小さな街からフランス菓子の美味しさと魅力、そしてマダムの日常をお届けします

【2018・9・20・Vol39】

今回は、

ご無沙汰だったブログ、書かせてもらいました

そうすべてはわなこ女史のおかげ。

以前からお付き合いのある大阪製缶

お菓子のミカタの皆々様ですが

清水社長のむちゃぶり?

わなこ女史に、きらきら少女漫画風

似顔絵を描いてもらいたい一心

重い、おも~い腰があがりました

かつては、お店にも来てもらい

シェフとともに四コマ漫画にしてもらったり

恵比寿にあるお菓子ミカタTOKYOKOBOHOに

遊びに行ったり、大阪に行ったり
DSC_0027 (2)
左下ワナコ女史
DSC_0052 (1)

そんな中メールでまたしても

速攻イラスト書いてもらい、とても気に入ったため

プロフの写真にしちゃったり。
38433184_1596417737153634_4775651613337452544_n

会えばフツーの20代の乙女だけど

クリエイターってカッコイイ!

漫画などサササッと書けちゃうところ

彼女にしかない感性はうらやましくもあり

尊敬!しております。

そうそう、この間などは

怖ろしい本をこんなラブレター付きで

送ってきたんです!!
42059287_1660728980722509_5125448696409882624_n

41846294_1660729044055836_1476774618684456960_n
!刺激的!

まぁ、ホラー好きでなければ

かなり引く感じですが、私的には

ナイスッ!!ってことで。

こんな発想、プロディュース力、

色んなところに刺激をもらい

たぶん、きっと私の原動力にもなって

いくんじゃないかーーーと思ったり。

すみません

私のわなこちゃん愛をつらつらと

書かせてもらいましたが

今回のお菓子のみかたSMILE通信VOL.24

は彼女が全編漫画書いてます

42122186_1660728884055852_4703213364938014720_n
私イチオシの一コマ!
(わかる人にはわかる)

これ、WEBサイトで見られるようになってるかな。

(今見た所、まだ載っていなかったですが

近々掲載すると思います!)

内容はそちらで確認していただくとして

(ダウンロードできます)

そんな個性派わなこちゃんはじめ

遊び心満載の大阪製缶の方々。

そんな方々に刺激を受けながら

やりがいとともに

発想豊かに、モノづくり

お伝えするためのひとひねり

がこれからの課題かなって思います。

もちろん、

ケーキ作り&お菓子作りの楽しさ

フランス菓子の魅力を

さらにさらにお伝えしていくことも

忘れずに。

本日もお読みいただき

ありがとうございました♪

 

お知恵を拝借♪

 

 19275162_1199837423478336_1474984890897966421_n
千葉県の八千代市秀明大学前でケーキ屋のマダム柳珠美です
本職はヴァンドゥーズ(菓子販売員)ですが、パティシェール(女性の菓子職人)が夢だったのでクッキー作りなどもしています。小さな街からフランス菓子の美味しさと魅力、そしてマダムの日常をお届けします

【2018・8・20・Vol38】

昨日お客様よりお問合せの

お電話がありました

「引菓子に使いたいんですけどー

あの缶菓子は日持ちどれぐらいですか?」

時折、こんなお電話頂戴します。

引菓子というと、会場でお招きした方に

お渡しするものーという想像から、

こう説明させてもらいました

「今の季節、この商品は要冷蔵なので、

お持ち歩きのことを考えると

引菓子には向かないかもしれません」

「そーなんですね、、、」と

電話の向こうで落胆の声。

商品的にはとってもオススメしたいけど

送り先での保存方法や、持って帰られる方

のご都合を考えるとオススメできない、、

変わりに取り扱いのしやすい

常温保存の缶菓子をおすすめしてみましたが

「あの缶のデザインが気に入ってる

ですよね~」と。

そうか、このデザイン缶が気に入って

下さったんだ!そう思った瞬間とっさに

「おまとめのご注文でしたら中のお菓子を

他のクッキーなどの常温保存の商品に

変えることもできるかもしれません」

かもしれませんって

なんという中途半端な言い方!!

とあとで猛反省しましたが、

一人で決められることではないという

とっさの判断からでたセリフでして、、

お客様にどうぞご検討下さいとお伝えして

電話をきりましたが、

そのあと、よくよく考えてみて

「これ、ありかも!」

ひとつのパッケージにこの菓子、にこだわりすぎ

ることもないかなーと。

パッケージ、お菓子、お日持ちと全ての

ことを考えるとお客様の嗜好にあったものは

限られてしまう。

特に、引菓子など一生にそう何度もないイベント

気に入った、思い入れのあるものを

と考えているお客様に

寄り添った菓子ギフトを作らせて

もらってもいいんじゃない?って

思いました。

もちろんシェフもOK!

昨日のお客様から連絡をいただくかは

さておき、

そんなご相談をいただいたら

50缶ぐらいであれば通常店頭にある

菓子への中身のご変更、

100缶以上であれば、ご相談に応じて

可能な限りお客様のお好みにあわせた

菓子もご用意しようかと思っています。

思えば、今回の商品提案だけでなく

少し前にいただいたご注文

38901037_1609857492476325_3717851183226814464_n
↑このスペシャル豪華版のセットも

お客様のご提案から。

さかのぼることクリスマスの缶2ケ詰め合わせも

39739124_1623910927737648_164922178616164352_n

お客様からの「こんなのできないの?」から

商品化となりました。

そうなんです。

いつもいつもお知恵を拝借させていただき

その商品がこれまたヒットする!!

というなんとも有難いことの連続です

売れる売れないよりも

そんな声を聞き逃すことがないよう

小さな声、ひとつの意見でも

大切にしたいなーと

再度確認した出来事となりました♪

どうぞ温かく見守って下さると

嬉しいです。

ということなので、

ご相談はどしどし受け付けております!

本日もお読みいただきありがとう

ございました。

あーーーー夏休み

19275162_1199837423478336_1474984890897966421_n
千葉県の八千代市秀明大学前でケーキ屋のマダム柳珠美です
本職はヴァンドゥーズ(菓子販売員)ですが、パティシェール(女性の菓子職人)が夢だったのでクッキー作りなどもしています。小さな街からフランス菓子の美味しさと魅力、そしてマダムの日常をお届けします

【2018・8・17・Vol37】

あーーーーーー

夏休みしてきました!

お店をオープンしてから

かれこれ二十数年

初めた頃はオープンしたての忙しさ

でもすぐに子宝に恵まれ

その後は仕事と子育ての忙しさ

少し経ったタイミングで家族3人

で夏休みの旅行はあったけど

私の両親と私の家族での

のんびり旅行は初めて。

高齢の両親も一緒なので体調みながら

なんとな~くの予定を考えるぐらいで

出発しました。

場所は千葉の南房総方面

なのでメインは海、海の幸!!

お盆の時期だったけどそれほど渋滞もなく

流れがよかったので途中、鋸山へ。

39279978_1620162058112535_8486194798040973312_n

DSC_0004

DSC_0019

山頂は霧が多く、景色はいまひとつ。

小学生の頃、何度か来ていたけど

すっかり忘れていました!

山が意外に険しかったこと、

夏山の湿気の多さを心得ていなかったこと

想像以上に大変!後悔しました~

百尺観音を拝めたことにとりあえず

満足し、登るなら次回は涼しい時期

そしてしっかりと軽装で来ようと決意

したのでした

DSC_0014

そんなプチ登山を後にして向かう先は

南房総「大房岬」。

ホテルは急遽変更がありなんと

最上階のスィートルーム♡

景色よし、景色よし、景色よし!

DSC_0061
39453126_1620161948112546_6600745631596150784_n 39557628_1620162004779207_3760770426343522304_n

早速ホテルのふもとにある海岸で

磯遊び。

DSC_0027

DSC_0025

あーーーきれいな海!冷たい海水、

かにさん、ホウボウなどの小魚で

磯遊び三昧です

すーーっと透き通った水

青空も美しい景色

39277067_1620161904779217_5959179853759512576_n

39277182_1620161564779251_2887296832797409280_n

夜は待望の海の幸ありバイキング。

エビ、アワビ、タイ、の海鮮祭り♪

私はとりあえず、エビの姿焼き

ひたすらエビの姿焼きをいただきました!

DSC_0055

39441345_1620161844779223_4781222447913369600_n

ご紹介遅れましたが今回の宿泊先は

南房総冨浦ロイヤルホテル。

ファミリー向けの宿泊施設で

子供達もビンゴ大会、フロアバーテンダーショウ

など楽しませてもらいました

2日目は朝風呂から始まり、朝食後は

お決まり定番の温泉卓球。

娘にせがまれ、両親も一緒にピンポンです。

そしてこんな1枚↓

39385561_1620161728112568_8760774629959663616_n

ちなみに母は卓球未経験です(汗)

今回は両親の体調のこともあり

一緒に行けるかどうか心配もあったので

こんなおふざけポーズも心に残る想い出。

そして、すぃ~とる~むの心地良さを

ギリギリまで味わい、ホテルともお別れです。

房総の海を満喫し、最後のランチは

おやつの時間になってしまったけど

極上に美味しいモノいただきました~

39344541_1620161448112596_8362630543145172992_n

39249643_1620161478112593_6345148026117423104_n

39289271_1620237261438348_1153479867535196160_n

帰りに立ち寄った渚の駅たてやま

この中にあるレストラン

館山なぎさ食堂はどれをとっても

美味でした!

そして隣接する海辺の広場のワキにあった

ぎょぎょっのさかなクン作品の中展示コーナー

http://maruchiba.jp/tateyama/spot/documents/300271289.pdf

何を隠そう、さかなクン館山在住だそうです。

好きなことを貫き通したさかなクン、

すごいなーと改めて。

そして、この小旅行も終わり帰路へとつきました

短い時間だったけど

想い出がいっぱい詰まった旅行となりました

海と家族に感謝です!

39453993_1620161518112589_5098396385334525952_n

39308246_1620161668112574_6476228203198283776_n

またはりきってお仕事して

楽しい旅行に行こー!っと。

あー夏休み

また来年♬

本日もお読みいただき

ありがとうございました。

これ素敵!がいつもそばに。

19275162_1199837423478336_1474984890897966421_n
千葉県の八千代市秀明大学前でケーキ屋のマダム柳珠美です
本職はヴァンドゥーズ(菓子販売員)ですが、パティシェール(女性の菓子職人)が夢だったのでクッキー作りなどもしています。小さな街からフランス菓子の美味しさと魅力、そしてマダムの日常をお届けします

【2018・7・20・Vol36】

なんとなしに過ごしている日常ですが

ふと見まわしてみると

デザインする人

デザインされたモノが

いつもそばにあるんだなーと。

先日訪れた東京国際展示場の

大阪製缶さんのブース、

ランチに立ち寄ったレストランの

空間デザインあれこれ

37373016_1573592819436126_2172392237818707968_n

37422466_1573592642769477_7108589324953714688_n

37184677_1615576421901313_4489388499711033344_n

37392891_1573592706102804_526691062119399424_n

37574207_1573592596102815_3538971357331062784_n

37357038_1573593366102738_4394170444853280768_n

ふらりと立ち寄ったアートミュージアム

37410043_1573593059436102_1847190997931393024_n 37380446_1573593206102754_3232862612874067968_n

お買い物したモノのパッケージあれこれ

37388346_1573592902769451_8372924033565458432_n

37360766_1573592979436110_4951670067596099584_n

身に着けるデザインあれこれ

37370421_1573593556102719_7708656196768497664_n

和装もね、帯の形は自在に

デザインの変化が楽しめるんですね

37366062_1573593949436013_1187857434312441856_n

ナカガワデザイン♪

37598001_1573594252769316_5046348893604806656_n

園下師匠デザイン

いちばん身近なケーキのデザイン

37381687_1573593706102704_7544832533347696640_n

37342703_1573594079436000_6999379104164216832_n

37389959_1573593789436029_4996847157840445440_n

37531231_1573593652769376_986953325360447488_n

缶と菓子のパッケージデザイン

37423478_1573594136102661_594940669433217024_n

37405895_1573593902769351_2669193394164596736_n

sすずらん22

私の気になるお気に入りのデザイン

37426275_1573594189435989_8251348198203850752_n

DSC_0088

37394767_1573594042769337_8095244790037217280_n

私がすてきだなーと思ったモノ、

色々とごった煮のように載せましたが、、、

そんなデザインを生み出す人達がいます

最近すこーしですが、幸せなことに

この方達の感性を

お裾分けしていただいている

そんな気がしています

37250899_1615596775232611_4413736554917265408_n
大阪製缶、中川ちゃん♪

DSC_0002
わなこちゃん♪

DSC_0085

アスピリン、園下師匠とマイコちゃん

そして、

DSC_0069

 

暮らしの中のデザイン

ちょっと特別感のあるデザイン

これからも身近に

これから見渡す風景に

そんな人たち、モノたちは

私たちを豊かな気持ちにさせてくれる

これからも

楽しみです♬

本日もお読みいただきありがとうございました